遺物は武具と書籍のみ

2017年05月22日 17:59

941 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/22(月) 05:54:36.32 ID:Pj7Ed7SX
直江兼続の最愛の一子・平八景明が、本多正信の媒酌で近江国膳所城主・戸田氏鉄
<今の戸田伯爵家>の娘と江戸で婚儀を挙げる時、

戸田家より朱塗の膳椀に金蒔絵の道具が着いたので、直江家の役人たちが、「これに
相応する道具を準備するべきでしょうか?」と、兼続に尋ねたところ、

兼続は、「それはもってのほかである。もし、対等の膳椀でなければ婚礼させられぬと
あらば早速破約する。武士の魂である刀や槍に錆がなければ、何の恥ずべきところが
あろうか。朱塗の膳椀が何だというのか」と、言ったという。(『我郷の先哲』)

兼続はこの如く倹約であったが、社会に有益な事業には多額の私財を投じて惜しまな
かった。慶長11年には文選60巻を刊行して文化に貢献し、その他にも論語などをも
出版したとのことである。

また元和4年には禅林寺<後の法泉寺>を建立して、学僧・九山を招き開祖となしたが、
これは寺子屋式に子弟を教育し、また藩学の興隆を図ったのである。

この如くして、上杉家の大元老の遺物は武具と書籍のみであったといわれている。

――『直江兼続伝』



942 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/22(月) 06:00:16.06 ID:rKmpoToj
こういうの見ても直江兼続に対するバショクや趙括的なイメージが拭いきれないんだよね

943 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/22(月) 06:12:03.24 ID:qz+Ugzga
大河や漫画やらでそんなイメージはないなw
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 人間七七四年 | URL | -

    分不相応な膳椀である! って叩き割ったのかと危惧したがそうでもなかった

  3. 人間七七四年 | URL | -

    最後に最上に負けたからって兼続が趙括はないだろう。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    趙括は財産貯め込んだってか、将軍就任時の金で値上がりしそうな土地を買い占めたんだよな。
    父親の趙奢と間違えてるのカモ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    馬謖と並べてるんだから趙奢と間違えてるってことはないだろう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    国を滅ぼしかねない程の大失態をしでかした一部将と、経験不足のお坊ちゃん将軍が慶長出羽合戦と言う大きな失敗が有るが、30年近くに渡り内政と産業振興、文武発展に勤めた一国の家老が同列のイメージになる理由がよく分からない。
    後世の評価もかたや、経験不足を意味する故事成語に名前と経歴が引用され、かたや内政の手本となる位と大きな差が有ると思うんだがなぁ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    理屈倒れと言いたいのだろうが、兼続はインテリではあっても判断は実利的に思える
    どれだけ儒学に造詣が深くともメンタリティは明らかに武家のもの

  8. 人間七七四年 | URL | uaIRrcRw

    まぁ確かに、太平の世に色々武張った御大層なことを言って威張って見せても、結局勝頼に1万両差し出して許しを請うただろ! 的な感じはあるw
    尤も最近は、あの逸話はあの逸話で創作認定食らってるけどw

  9. 人間七七四年 | URL | -

    8殿
    武士は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つ事が本にて候

    金で買ったと言え、結果オーライと言う事でどうでしょうか?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    米9
    同意だなあ。というか、大名が倹約に努めるのは勿論いざという時に備えるためだけど、時来たらば金は惜しまず使うもの。この手打の一万両もそういう性質の物だよね。むしろ分の悪い戦をするよりも金で回避できるならそれを選択するべきだし、下手に損害だしながら戦に辛勝するより遥かに価値があると思うなあ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10760-b44fb6c9
この記事へのトラックバック