敵城に飯を炊く煙が立ち上った故

2017年05月27日 16:49

961 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/27(土) 04:05:53.69 ID:G+wx7mBh
島原の乱の時、小笠原某(忠真か)の家士某は、「今宵は敵方から夜討ちが出るかも
計り難い。その用意をせよ!」と言って、陣中を触れ廻った。

諸士は、「堅固に構えているのに果たして夜討ちがあるのか?」と思ったが、果たして
夜討ちがあり、この小笠原の陣だけは少しも乱れず、

他の陣々は大いに乱れ打ち破られた。後に「どうやって夜討ちがあると知ったのか?」
とその家士に問うと、

その家士は答えて、「夕刻になって敵城に飯を炊く煙が立ち上った故、夜討ちの支度と
察したのだ」と言った。

翌年の2月にも前述の小笠原の家士・高田九兵衛は「明日は鍋島肥前守殿(勝茂)の
手から城攻めに一番に掛かると見た。私は抜け駆けして肥前殿の先を越えよう!」と、

夜中に支度して手勢を率い、未明に攻め掛かって敵方の不意を打ち、大いに功名を
遂げた。肥前の家では小笠原に先を越されて大いに残念がったということである。

この時も「肥前殿の家が一番に攻め掛かると、どうやって知ったのだ?」と諸人が問い、
九兵衛は答えて「肥前殿の陣は毎朝旗の手(旗印か)を直されていたが、昨夜に限って

夜更けに旗の手を直されていた故、今朝一番に進む支度と察し、私めは夜明けに城際
へ密かに押し寄せており、肥前殿の旗の手が動くのを見て、すぐに攻め掛かったのだ」
と言ったということである。

――『明良洪範』



962 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/27(土) 17:23:44.46 ID:yW2SWIMe
よく見てんなー
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「川中島で、飯を炊かしたら、きつつき戦法がバレたでござる」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    逆に察知されないようにするための方法の逸話はないんだろうか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2さま
    私も同じことを思いました。
    孫臏が竈の数を減らしていくような
    偽情報で釣る系統は思いつきますが…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    城門を開いて太鼓を鳴らして出撃する振りを繰り返すのは聞いたことありますね。
    包囲側がいつもの脅しだろうと油断したところを本当に攻めかかるという。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    いつも疑問に思うのですが、静かに行動しないとならない場合は鎧兜は脱ぐのでしょうか?
    一人でもカチャカチャ音が鳴るのなら、数百人から数千人の軍勢って大分音がでかいような
    気がするのですが。

    以前本能寺の変を音で検証した番組だと、鎧兜から発する音で信長はだいぶ先から明智勢の接近に
    気付いていたと思われるとあったので、夜討なら同じく音で移動してる部隊があると気づけるのでは、
    と思ったのです。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    島原の乱の時の小笠原家中だと、宮本武蔵・伊織親子がいるね。
    武蔵はともかく、伊織は家老として指揮采配が優れていて、幕閣からも褒賞されるほどだったそうな。
    ※5
    鎧兜の音の鳴りやすい部分は、紐とか紙撚とかで縛って音が鳴りにくくしてた、ってのをなんかで見た事があるな。
    馬なんかも、いなないたりしないように、舌を縄で縛ってたとか、なんかで見たな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    北条氏康が指揮した河越夜戦だと兵に鎧兜を外して夜襲させたらしいが、奇襲作戦の難しさがリアルに分かるね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6さん
    情報感謝します

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10767-879a8054
この記事へのトラックバック