彼らが通過した後には、何一つ

2017年05月29日 18:40

799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/28(日) 19:30:37.93 ID:/C3l8YdE
もうすぐセンゴクで仙石が失敗しそうなのでそのあたりの話を


中務(島津家久)は、日向から三千の兵と、薩摩から五百名、および叛乱軍を率いて、すでに豊後領の宇目に入り、
嫡子(大友義統)の数名の家臣に属する小さな三つの城を無抵抗裡に占領した。
それからさらに進撃し、幾人かの身分ある人たちと老臼杵殿(臼杵鎮尚)がいる別の城の所在地であるミエ(三重)に向かった。
これらの者はただちに降伏して豊後の敵にまわった。
中務はそこに留まることとし、(家臣に)ごくわずかの兵を伴わせ、叛乱者たちに道案内をさせて送りこんだ。
豊後勢の恐怖と怯懦は驚くばかりで、〔とりわけそれがデウスの鞭であってみれば〕
彼らは薩摩軍の名が口にのぼるのを聞くだけで、屈強かつ勇猛で戦闘に練磨された者までが、
立ちどころに震え出し歯をがたつかせ、まるで軟弱な戦の未経験者のように降伏して、敵の言いなりになるのであった。

薩摩軍は、万事が思惑通りに運ぶのを見て、通過するナングン(南郡)の地、その他のところを焼き払い、
打ち壊し蹂躙し始めた。
彼らが通過した後には、何一つ満足なものは残っておらず、少しでも逆らう者は殺害された。
またそれに劣らず嘆かわしく、いなむしろ最大に嘆かわしく思われたことは、(薩摩勢)がおびただしい数の人質、
とりわけ婦人、少年、少女たちを拉致するのが目撃されたことである。
これらの人質に対して、彼らは異常はばかりの残虐行為をした。
彼らのうちには大勢のキリシタンも混じっていた。

(フロイス日本史)



800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/28(日) 19:44:17.08 ID:12qJD4CN
>>799
キリスト教が嫌いな佐伯さんが勝ってるのは無視される

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/28(日) 21:42:25.07 ID:AP3CGx9c
豊後の連中から奴隷を買ってたのはどこのどいつなんすかねえ

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/28(日) 21:49:22.72 ID:DLlKPT0m
まっことでごわす

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/28(日) 21:59:22.09 ID:12qJD4CN
>>802
豊後国で海外に奴隷売買したって記録はみつかってないな
肥前国ならあるけど
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    最近へうげもののアレを史実と信じてる人がいるよね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    肥前での記録というのは、やっぱ大村純忠とガスパル・コエリョに関してなのかな

    あそこは領内の全員を改宗させようとして、その際に反対するやつが隣の後藤に与して争ってるから、
    まぁそれに付随した部分も込みで記録に残されやすいだろうな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    豊後の人が奴隷としてメキシコにいたと言う話を永青文庫の関係者から聞いたことがあります。
    なぜそんなことがわかったかというと、あるメキシコのお金持ちが悪さをしたので、お金持ちの
    使用人たちに調書を取ったところ判明したそうで、近年メキシコに行った日本の研究者がその調書の
    記録を見つけたそうです。
    「幼い頃豊後に住んでいたが、島津方の兵に捕らわれた。オリーブオイル一瓶の値段で売られた」
    と記録されていたそうです。
    鹿児島県民としては複雑な気持ちですが、いいこともわるいこともちゃんと知っておくべきとは
    思っていますので書きました。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵「俺が通った後はぺんぺん草すら生えないぞ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    昔々の怪獣百科には、バルタン星人の歩いた後には草も生えないとあったから、鬼武蔵はバルタン星人並みということか。

  6.   | URL | -

    ※5
    冷凍冬眠中の20億人のバルタン星人を虐殺した地球人が
    バルタン星人を非難できる立場にあるのだろうか
    (虐殺したのはウルトラマンとはいえ)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    一罰百戒、大きな犠牲を払わせる事で戦意を挫く。
    島津はまさにそれを実行したから恐れられるのも無理はない。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まあ家や地域を問わず基本的には侵攻軍との交渉がうまくいかない限りはヒャッハー!村だー!な世界だったんだろうな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    そうですよね、あなたのおっしゃる通り、地球は黙ってバルタンに侵略されて、
    地球人類はみんな20億のバルタンの下僕に成り下がるべきだったんですよね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    結論は「正義は相対的。立場によって違う」って事ですか?

  11. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    島津が非情なだけで正義なんて論じてないやん?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    いつの間にかバルタン星人のことで喧嘩になってて草も生えない
    戦国時代の話しようや

  13.   | URL | -

    センゴクと島津、どっちが野蛮かって話?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    >13

    元亀3年、波留丹波守が故地を追われ、一族郎党を率いて落ち延びていたところ、得宗雅楽頭の領地に侵入した。

    得宗家の侍であった早田某が同輩の嵐、井出とともに、使者に立った。
    当初、波留丹波は、嵐の口を借り、穏便に話が進むかに思われたが、波留丹波の一族郎党があまりに多く、井出が難色を示し、また、早田が、少し離れた嘉瀬井の地に住まうよう話を向けたところ、かえって波留丹波の態度が険しくなった。
    突然、波留丹波が、早田に切りかかり、近習とともに早田らと乱戦になったが、ついに討たれた。
    早田は、事の次第からやむを得ず、波留丹波の一族郎党を残らず打ち取った。
    しかし、後年、早田は、話の次第ではあえて戦う要もなかったことを悔やみ、得宗家の重臣であった村松の許しを得て、波留丹寺を建立し、波留丹波を打ち取ったときの佩刀「洲瓶子有無」を奉納したとのことである。

    ~波留丹寺建立縁起より

    こうですかわかりません。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    米14
    本筋と関係ないけどよくできてるなあ
    よくできすぎてて話の正体に気付くまでちょっと時間かかったよw

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    丹波の縁者が仇討に来たときの早田の佩刀は「八ツ裂光琳」でこれも名刀。
    頭から尻まで真っ二つにしたというから凄い。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10772-b1a02d30
この記事へのトラックバック