下総守の判断

2017年05月31日 22:05

968 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/31(水) 08:17:21.51 ID:Upp9in/W
羽柴下総守(滝川雄利)の家臣に、二蔵三蔵という弓矢にかしこき者があった。
下総守が居城において、城より出て働きがあったが、引き取る所を敵が追尾した。
この時二蔵三蔵は門役をしており、敵が城内に入った所で戸を下ろして、城内に閉じ込めた。
こうして敵は引き取ることもできなくなったが、そこで下総守は下知して門を開けさせ、その敵を引かせ、
討ち取ること無く終わった。

その頃、徳川家康より近藤石見守が下総守の所に加勢として派遣されていた。
石見守は下総守に、何故敵を逃したのかを尋ねると

「あの敵は閉じ込めにあって、死地の兵となっていた。これを討とうとすれば城中の人数も多く損じただろう。
また彼らを討ち取ったとしても戦全体の勝敗に関わらない。それ故である。」

そう答えた。
近藤石見守も武功の勇士であり、下総守の判断に感じ入ったという。

(士談)



969 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/31(水) 09:49:09.23 ID:mUX2+cfS
弓矢で打ち取れよ、何のための伏線なんだい?

970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/31(水) 12:25:38.54 ID:N5X+zJ2b
どの戦いのことなんだろうな

971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/31(水) 13:56:59.83 ID:9KY4AUss
小牧長久手の時かその前後じゃね
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >弓矢で打ち取れ

    滝川雄利「皆殺しになんかしたら、後で奴らの仲間にオレが恨まれんだろぉ~?いんだよホドホドでよぉ~(ニッコリ)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    あれ?この話の主役って二蔵三蔵さんじゃなかったの?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    弓は蔵(しま)われていたのだ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「弓矢にかしこき」って「軍事に精通している」って意味だと思うが
    969は文字通り「弓術の名人」と解釈したのかな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >>二蔵三蔵
    兄妹とかじゃなくて一人でこの名前?何て読むのよ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    四朗二郎とかもいるしな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    次郎三郎って意外と知られてないのだろうか
    「味噌の人」って言った方が通りがいいという悲劇

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    つまり、二蔵三蔵により死蔵されていたと。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    二蔵(ふたくら・にくら・じぞう)の可能性もあるんじゃないかなあ。
    実は苗字という。
    門役なら士分だろうし、苗字いというのもちょっと変な感じがするし。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    こういう場合の弓矢ってのを
    本当に弓術のことだと思って受け取る初心者が
    まだスレにも入って来てるんだなぁと

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10776-fa51ef53
この記事へのトラックバック