先んずれば人を制す、という事です

2017年06月01日 12:25

972 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/01(木) 10:13:09.16 ID:mK/jFESw
牧野右馬允(康成)の所に、伊賀甲賀のあぶれ者たちが武者修行と号して高國寺に滞在していたが、
織田信長生害の沙汰(本能寺の変)の事聞こえ、この者たちもこれを囁き色めく体であった。

これを稲垣平左衛門見て、右馬允に申した
「彼らの残らず、暇を与えるべきです。」

「現在の情勢は、一人でも人が多いことが求められるのに、どうしてそうするのか?」

「先んずれば人を制す、という事です。彼らの風情には見届けがたいものがあります。
こちらから先に暇を与え、『妻子たちも心もとないであろうから、早々に在所に帰るように』と言えば、
彼らも快く受け入れるでしょう。」

これを聞いて牧野は暇をとらせ、帰りの路銀まで与えた。そしていずれにも
『今度の儀であるから、本来なら先途をも見届けるべきであるが、たって暇を取らせる。
その上で家康公の御帰国に遭遇した時は、一層の忠節を仕るべし』
との誓詞をさせて帰した。

まことに要らぬ者を留めては、却って諸人の機をもうしない、惑いも産んでしまう。
この処置は早く機を知る故と言うべきであろう。

(士談)


973 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/01(木) 12:37:41.93 ID:79OXoLCr
絶対戻ってこなさそうだが大丈夫か

974 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/01(木) 14:25:28.77 ID:FaGXxtNv
>>973
戻ってきたら困るだろ

975 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/01(木) 18:58:01.67 ID:dghqAmSn
家康公のご帰国に遭遇したのかな
伊賀越え成功した以上、こいつらは手出ししなかったんだろな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    伊賀越え成功の裏には三河武士たちのこういう細かい心遣いがあったのでしょうね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    情勢がどう動くのか不明の上、可能性として家康が討たれたりと
    家が混乱に陥る危険性がある以上は、あやしげな物達は放逐して
    不確定要素はできる限り排除した方がいいからね…
    こんな時に路銀を受け取ってほいほい去って行く奴らを手元に置いても
    危機に際して外部と通じたり、必要以上の危機を招きかねない

  3. 人間七七四年 | URL | -

    なおのこと手元に置いておくべきだろうな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    路銀を渡しておけば落武者狩りなどの危ない橋を渡ることもないか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    むしろ浪人なんて狩られる側でしょうに

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10778-7695afc7
この記事へのトラックバック