松井康之が利休最後の手紙を

2017年06月05日 21:10

984 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/04(日) 21:10:27.63 ID:1YzJkvJp
トーハクの茶の湯に最終日に行ってきたが
実物の伊賀焼き花入れの生爪見た。
松井康之が利休最後の手紙を受け取ったというのも初耳だった



985 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/05(月) 02:50:22.57 ID:DEb+6auF
松井康之は利休←→忠興の身分差が大きいから形式上は間に居て取り次いでた
その一方で個人的にも利休と親しかった様子

986 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/05(月) 16:24:11.36 ID:bu89Ei3i
天皇から号もらってもダメなもんはダメか
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり商人茶人て下賤の者と武士には見られていたのかね?
    細川家記に茶人の利休を慕う細川忠興を疑問に思った福島正則(以下略)ってエピソードもあるみたいだし

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1殿
    そう見ると「荒茶」のエピソードは、より一層悲壮感漂うねw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    商売が卑しいものと見なされるようになったのは朱子学の広まった江戸時代以降ともいわれてるけど
    フロイスが「日本において商売は身分の低い者がすること」ってどっかで書いてたんだよな
    江戸時代ほど強くないにせよ、そういう価値観はあったという事かと

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10784-8290c829
この記事へのトラックバック