這い出る病

2017年06月05日 21:11

832 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/05(月) 01:20:22.37 ID:wjxtjziB
丹羽五郎左衛門殿(長秀)には常々強い痞えがあった。にわかに胸先に
込み上げる折には、五郎左衛門殿は事の外難儀致された。

ある時、急に差し痞え、何ともしのぎ難いために五郎左衛門殿は脇差で
胸を突いて、すぐに卒去された。

その後、火葬に致したところ、病が火の中より真っ黒になって這い出た。
その病には首・足・耳などがあり、亀子(亀の甲)に似ていた。

家来の者どもは主人の仇であるので、近寄ってそれを打ち殺した。
稀有のことに付き、太閤秀吉公にそれを御覧に入れたところ、

「今後は、医者の考えにもなるであろう」との由にて、竹田法印の先祖に
与えられ、今もこれを所持しているとのことである。

いかにも常に痞える折には、胸の内を噛むように“めりめり”と歯の音が
聞こえたとの旨、己丑6月14日の夜に(松雲公前田綱紀より)拝聴仕る。

――『松雲公御夜話』


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    這い出ろ!丹羽ル子さん

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ( 」・ω・)」にー!(/・ω・)/わー!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >家来の者どもは主人の仇であるので、近寄ってそれを打ち殺した。
    戦国武士はこの程度ではSAN値減らないようだな

  4. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    生食‥‥いやまさか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    この時代には「エイリアン」や「宇宙人」という言葉はなかったよね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    まぁその宇宙人を海に流しちゃうからね日本人はw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    大洗住民「だって怖かったから…」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10785-ce8851e3
この記事へのトラックバック