御陣所の体、味方の様子、見及んだ所

2017年06月06日 11:48

833 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/06(火) 06:17:02.79 ID:+AAANm8Z
関ヶ原の時、西軍の船手・村上彦右衛門(通清)、菅右衛門(達長)は、9月12日の晩に桑名浦に乗り付け、
13日の早天に両人関ヶ原に出て毛利陣に入った。この時安国寺恵瓊と対面したが、村上は言った

「御陣所の体、味方の様子、見及んだ所、私としては大変心もとないものと言わざるを得ません。」

これに安国寺
「私もそう思っているが、東軍一人に上方勢十人のつもりであり、4,5日も持ちこたえれば
必ず味方の勝ちと成るだろう。」

村上重ねて
「味方の山取りの体、山高く取り上がり、しかもまばらで密度が薄く、これでは戦の仕様がありません。
あのように高く取り上がって居ては、敵に即座に応戦することは不可能です。東軍は少勢でも、
戦に熟練している故、軍勢も厚く見えます。その上東軍は、一両日のうちには戦いを仕掛けてくる様子と
見及びました。どうか油断ありませんように。」

そう言って帰った。
果たして、西軍は間もなく敗北した。村上は津まで直に出て関ヶ原の様子を聴き。九鬼大隅守(嘉隆)の
所に行って詳細に次第を語り、上方へと撤退した。

(士談)



834 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/06(火) 06:58:09.40 ID:hEgxlXVG
水軍なのに陸の戦争をよく知ってるな

835 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/06(火) 07:00:36.03 ID:gFGqNdAf
水軍も陸戦はするからな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なんで関ヶ原に水軍いるんだよ、って思ったら意外と近いところなんだな

  2. 人間七七四年 | URL | cRy4jAvc

    地図で見ると道がほぼまっすぐ繋がってるな
    しかし薩摩カイコウズ街道とは一体…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    広家だけじゃなく南宮山の毛利勢全体が戦意低かった説に符合するような気がする。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>陸に水軍
    寺沢も小西も陸の活躍よりも船乗りとしての方が有名じゃない?
    むしろ当時の大名達が「何でも屋気質(多芸)」だと思う

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    藤堂高虎「水軍と申さば」
    加藤嘉明「我々も」
    脇坂安治「忘れてはおるまいな?」

    村上通清「…」
    村上元吉「…」
    九鬼守隆「…」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    南宮山か笹尾山かは忘れたが、山から降りて戦闘隊形を組むのに早くて二時間ぐらい掛かると聞いた
    小早川秀秋も戦闘開始から丁度そのタイミングで西軍に攻撃しかけているし最初から東軍だったのでは?と
    あまりありえない前提になるかもだが東軍が毛利小早川の二軍を無視して中央突破を図れば毛利の動向に関係なく関が原が終わっている可能性もある
    やっぱ山に登りきっている時点で攻撃意欲がかなり薄いんだろうな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    ということは、小早川勢は実際には開戦後すぐに西軍に攻撃したって話には無理があるのか

  8. 人間七七四年 | URL | -

    薩摩カイコウズ街道
    岐阜県道56号南濃関ヶ原線のことで平成三年に岐阜と鹿児島の姉妹県20周年を
    記念して鹿児島の県木のカイコウズが海津市から関ヶ原町までの35キロ植栽されています。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    個人的には、多分その話は合ってると思う。実際、松尾山から大谷隊へ続く道は細く、大軍が移動するにはかなり無理がある。当時濃霧が発生してたのなら尚更無理だと思う。もし山道を反れるとしても、重装備の兵士が坂を下りるのはもっと無理。

    徳川の鉄砲で攻撃決意と言う話し自体が眉唾物ですしね。とある歴史番組で「撃ち込みが合った」と話す歴史家が、その根拠として「当時は物見が沢山放たれていた、だから徳川の鉄砲だと気付けた筈」と言う話をしていたのだけど、到底無茶すぎる。

    その話で行けばどの家だって放ってた筈だし、戦場の位置から言って大きく南寄りから福島隊・藤堂隊・京極隊を躱して接近して、さらに濃霧の中で小早川の兵に当たらないように山へ撃ち込むって不可能でしょ。
    (この鉄砲で小早川の兵が死んだなんて話しは無いので)

    また、この鉄砲隊の接近自体も他の隊から報告が全くない。物見を沢山放ってた筈なのに?
    麓の4将も全く反応していないのは何故?(脇坂だけなら分かるけど)
    少数だろうから見逃したってのも無理だと思う。

  10. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    問鉄砲は後世になって出てきた話で、しかも初めは高虎という設定じゃなかったっけか
    でさらに後になると家康に変化していく

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    小早川勢と大谷勢については、
    「西軍のプランを破棄して松尾山を乗っ取った小早川を大谷が攻撃した」
    という、従来と攻守逆転した説が出ていたはず
    この対陣を東西両軍が救援して後詰合戦になったと

    この流れだと小早川は交戦中または交戦寸前の状態で9月15日を迎えたことになり
    当日朝から攻撃を仕掛けたことに矛盾がなくなる

  12. 人間七七四年 | URL | -

    問鉄砲については笹尾山に向かって打つ時点で山麓四将を前にする事になる
    戦場でいくら筒先が上を向いているとしても血に逸った将兵が攻撃を仕掛けるはずない
    と思うほうがおかしいんだよな

    しかしまあ、両軍合わせ20万近くの将兵が集まった最重要な戦いなのに分からないことや新発見が多い
    参加した将兵の手記等一次資料が豊富なのに軍記物優先で語られて来た
    歴史学ってホント最近までいい加減だったんだなぁ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    軍事は近代以前の日本史で特に研究が進んでない分野だしね
    織豊期以降はまだだいぶマシで戦国前半までとか現状謎だらけもしくは置き去りと言わざるを得ない状況

  14. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原の新説も白峰氏みたいにいい加減なのも多いけどね。

    ほぼ確実なのは開戦時刻が巳刻だったこと、小早川の寝返りは開戦後だったこと、
    小早川の寝返りにより西軍が崩れたこと、午刻には西軍は破れていたことくらいかなぁ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    よく小早川だけが裏切り者として言われますが、元々加勢する事が決まっていて、家康からも軍監が
    派遣されている状態なら、これはもう予定調和では?
    同じ立場の吉川も脇坂もここまで酷く言われないのは凄く不思議です

  16. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    吉川広家は裏切り当日から毛利秀元にボコボコに言われてたゾ
    広家は秀元を家康と行動させたくて再三追いかけてくるのに秀元は無視して大阪に撤退しちゃうし

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    秀元(ないし毛利家中)だけに言われてるのと、全国規模で言われるのでは意味が違うと思うのよ
    ドラマでも絶対にそのシーン無いですしね

  18. 人間七七四年 | URL | -

    率いてる兵数とか豊臣政権内での席次とか?>小早川だけ

  19. 人間七七四年 | URL | -

    秀元って何故か関ヶ原本戦の史料に出てこないんだよなぁ。

    秀元小姓が起こした喧嘩騒動と安濃津の頚注文まではカッチリ出てくるのに
    その後は毛利が減封される頃まで出てこないという不思議さ。
    ホントに居たのか疑問になるレベル。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    滅びた家は悪役のレッテルを貼るには好都合やからね
    どんだけ話盛っても絶対反撃されないし、因果応報というわかりやすいストーリーにはまるし
    岡山55万石の雄藩小早川家が江戸期を通じて残ってたら絶対今と評価違うわ

  21. 人間七七四年 | URL | -

    小早川の悪評は家が残ったかどうかもあるけどやっぱり市井の人達に東軍の勝因は小早川の裏切りと広まったからだと思う

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10786-fbc5e2b2
この記事へのトラックバック