『好き』を止めよ

2017年06月13日 15:29

861 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/12(月) 23:53:28.88 ID:HBYm4LkC
寺沢志摩守(広高)曰く
「武士たらん者は一戦の時に、人より勝れた稼ぎをするのは珍しくない事だ。
平常に畳の上の忠功をしようと思ったら各々の『好き』を止めよ。
物に『好き』が過ぎると必ず奉公も疎くなる。
私は秀頼公の御時まで、茶の湯を好いていたが、考えてこれを止めてしまった。
このように言うと武士は武道の方を止めよと聞こえるかもしれないが、そうではない。
常に武を好いていなかったら、戦国ではあまり役に立てない。
ただ自分の業より他の道を求めてすごしてはならないという事だ。」
とのことである。
乱舞・囲碁・双六・俳諧・茶の湯の類を知り過ぎて、
上手になって何の益があろうか。

『武士としては』


賛否両論ありそうな、御説ですがとりあえずこっちに投下



862 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/13(火) 00:52:33.15 ID:96j7pvDR
おまえが言うな、とまず思うわな

863 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/13(火) 02:35:53.01 ID:hBpLduh/
好きと数奇

865 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/13(火) 22:36:25.38 ID:VBnBI38R
曜変天目とか馬蝗絆はお宝感が半端ない

井戸茶碗とか伊賀焼きとかはゴミ感が半端ない

866 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/13(火) 22:55:11.09 ID:1fDn7Mkq
なぜ中国で曜変天目が残らなかったんだろうね

867 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/13(火) 23:38:39.48 ID:fVSM+6Nu
トーハクの茶の湯展は素晴らしかったねぇ…

868 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/14(水) 00:15:38.16 ID:7NaUQXst
>>865
秀吉乙

869 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/14(水) 04:41:13.13 ID:X0DuNaUp
伊賀焼って信長が発見したんだってなあ

870 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/14(水) 10:32:33.42 ID:jpDlM1/L
ちょっと何言ってるか分からない

871 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/14(水) 10:48:29.56 ID:wXic2RaU
信雄じゃないの?>伊賀焼き(討ち)

872 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/14(水) 18:44:48.75 ID:qrjRLL6v
信長は伊賀伊賀守を召し抱えていたからな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    幽斎「それは甘え。すべて極めれば良いだけ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    教育は極められなかったよ…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    利休「ねえあなたに伝えたい」
    織部「ねえ大好きがとまらない」

    広高「アーアーキコエナイ」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この人、まめな性格なんだろうなぁ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ✳1
    あんた合戦は中途半端じゃないですか

  6. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    ちゃんと自分の茶趣味について言及してるのは偉いと思いました(こなみ)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    幽斎の場合
    古今伝授を受け
    古今伝授を行ったからといって
    和歌の真髄に触れていたかというと
    そうでもない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    大内義隆「私は美少年好きがやめられませんでした。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10801-675fbb8e
この記事へのトラックバック