容易ならぬ風聞

2017年06月17日 09:59

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/16(金) 23:36:40.72 ID:YzgH35zF
大坂落城直後のことでした。市内警護にあたっていた徳川方の役人が板倉勝重のところへ駆け込んでまいりました。
「容易ならぬ風聞を聞き及んでまいりました。」
「容易ならぬとは何か。」
勝重は煩雑な政務を執っていましたが、平生と少しも違ったところなく落ち着いてたずねました。
「さればでござります。大野修理の命令をもちまして、よからぬ禰宜どもが権現様の人形を作り申し、呪詛調伏申したとのことにござりまする。
まことに不届きなる者共、早速召し捕らえて重い罪科にと存じましたなれど、一応お耳に達してからと考えまして参った次第にござります。」
「それはご苦労。」
勝重は、水のように静かにうなずきました。
「せっかくであるが、禰宜どもが召し捕らえるには及ばぬぞ。」
「何と、何と仰せられます。権現様を呪詛いたす大罪人を、そのままにいたせと仰せあるのでござりまするか。」
「いかにも。」
勝重はは莞爾と笑いました。
「禰宜、山伏などと申すものは、金銭をもって依頼されれば、人を呪詛もし、悪魔退散も祈るものじゃ。商売のようなものよ。
我らが大坂方より多額の金銭を与えれば、秀頼公をも呪詛し調伏するのを拒むものではない。
また、彼らごときに呪詛されて御運の傾く権現様ではないはず。
たかが金銭欲しさの呪詛調伏、相手にするでない、すておかれい。」
勝重の一言は、家康の大きさを更に大きくするものでありました。
大坂方からの命で家康を呪詛した禰宜たちは、一時はどうなることかと心配したのですが、
何の咎もなく赦されて、今更のように板倉勝重の徳を讃仰したのでありました。

『明良洪範』(良将言行録)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    徳川と豊臣を同時期に両方呪詛していたのもいたのかな

  2. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    安心と信頼の板倉クオリティ
    勝重・重宗親子の裁きは現代にも通ずるものがあり参考になります

  3. 人間七七四年 | URL | -

    忙しい中でこんな程度で処罰していられないって実情もあるのかも?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    御運の傾く権現様ではないはず。
    断言し無いところが勝重さんクオリティ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    現代の感覚でもムカつく行為なのに、戦国時代の価値観で殺気立った時によくもまあ冷静に判断できるもんだな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    その気になれば日本全国の鎮護国家パワーを動員できる徳川が呪いあいで負けるわけがない、という強者の余裕

  7. 人間七七四年 | URL | -

    なんというか、「イキって気に入らないものをなんでもシメてる暴れ者を、板倉がマウンティングして抑えつけた」みたいに見えるのだが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10814-41b4f79c
この記事へのトラックバック