勇者の思い

2017年06月17日 10:00

岡左内   
37 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/16(金) 20:39:16.21 ID:5Rqe2+am
関ヶ原の役の時、奥州において上杉景勝伊達政宗取合の時分、景勝勢は福島より二里出て
政宗と戦った。

この時。北川図書という者、元は蒲生氏郷に仕えていたが、氏郷没後は景勝に属し、
景勝より桑折の地を与えられ、その頃郡図書と名乗っていた。

図書はこの合戦で討ち死にを覚悟し、朋輩である岡左内に頼んだ。
「私の陣羽織を息子の久兵衛に遺したいので、討ち死にの際にはこれを遣わしてほしい。」

左内は受け取り、後に図書の子・久兵衛にこれを渡した。図書は討ち死にしたのだ。

この事について、後の人は様々に評した。
ある人
「同じく戦場に臨んで、我も人も必死をこそ旨とすべきなのに、どうして自分が必ず生き残ると思い、
人の形見を請け取るなど有るべきだろうか?」

これに対して、傍らに居た人が言った
「そうではない。互いに言い交わし話し交わした心友の間で、その人を見込んでこう言っているのに、
請け取らないということが有るだろうか?
自分が必ず生き残るから、受け取って渡す、と言っているのではない。彼の形見を我が預かり、
我が形見を彼に預けるというのは、勇者の思いを込めた行為というべきではないだろうか。」

この岡左内という人物は、後に越後と称し、類まれなる勇士で、数度の戦功を成した。
この時の戦でも、川中で伊達政宗と太刀打ちして、自分の猩々皮の羽織に、政宗の太刀傷二ヶ所まで
受けたと言われている。
彼も蒲生氏郷に属して、後に景勝に仕え、その経歴もあって北川図書と親しんでいたとか。

北川図書の子孫は、今も加賀太守(前田家)の家中にあるという。

(士談)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    いつの時代も『ある人』みたいな人っているよね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ある人「わしは息子に形見を渡してないが、常に討ち死する覚悟じゃ。」
    ある人の家臣「周りに討ち死する者が多いのは気のせいですかな。」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    いるねえ、「こざかしい」としか評しようがない人

  4. 人間七七四年 | URL | -

    図書助マダー?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    伊達政宗…?大将が前線に?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    工場長「大将が前に出るなんて当然」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米6
    NGMS「うむ」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    最上義光「大将だもん。前線にいて敵を倒してもいいじゃないか。」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    …あの辺りは大将自ら前線に赴かないといけない病気でも流行ってたのか?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    最強じゃないと頭を張れない、サヴァの国みたいな東北w。

    確か、左内さんは政宗と気付かずに斬り合いしてたそうで、後で政宗と知って取り逃がしたのをえらく悔しがったとか。んで、斬られた陣羽織は記念に金糸で繕って保管してたという。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    本当に政宗と前線で斬り合ったのかw
    東北大名って奴らは!

  12. 人間七七四年 | URL | -

    前線っていうか伊達軍の先陣が本庄と戦ってるときに後詰めに来た伊達軍を上杉の別部隊が急襲かけたんだろ?
    前線にいたんじゃなくて本陣奇襲されただけだわ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10815-23973221
この記事へのトラックバック