中国の日本に関する地理誌「東西洋考」によれば

2017年06月19日 17:33

889 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/18(日) 17:10:17.73 ID:chYKDCHe
ついでに此の頃の中国の日本に関する地理誌
福建省出身の張燮によって書かれた万暦45年(1617年)発刊の「東西洋考」によれば
https://zh.wikisource.org/wiki/東西洋考/卷六
邪馬台国、日本への国号改、倭寇、懐良親王(良懐)、足利将軍の勘合貿易、王直についての記事の後

倭は平清盛が政権を取って以来、国が乱れ、万暦14年に平信長が関白となり、その義子の平秀吉というものは、
母親が婢ではあったが妊娠中、異徴があった。幼いときから下賤で魚を売っていたが酔って木下に眠っていた。
その時猟に出ていた信長に出会い、驚き寝覚めて衝突。
(以下「明史日本伝」と同じため略)
万暦39年、倭は琉球を破り、中山王を捕虜とし、二年倭に留め置いた後帰還させた。琉球は明に倭に入貢したことを謝罪し
明への入貢を申し出たが、すでに倭に入貢した以上、スパイの疑いがあるため入貢させなかった。
万暦44年夏、倭が東番(台湾)に侵略しようとしたため、董伯起が倭を偵察に行ったが、倭の村山等安に捕らえられ、小舟で返された。

倭は東海中にあり五畿、七道、三島、又附庸国百余ありその首魁と称している。唐宋の世は中華を慕い、外国を侵略しようとせず、
宋の時代に来朝した滕木吉に矢を射させても遠く飛ばず、理由を聴けば「国内で戦がないためです」と答えたほどのものだった。
ところが元に入り驕慢の心が出てきて、殺気立ち、華人が諭しても「盗みを喜び、生を軽んず。殺を好むのが天性だ」と答えるまでになった。

倭の地は北は朝鮮を海で隔て、南は閩、浙と隔てている。朝鮮へは対馬から大洋に出て二晩で着く。
閩、浙へは順風で旬月かかる。

其の主は山城にいるため山城君と呼ばれる。山城の南は和泉、その南は沙界(堺)。沙界の盗難は紀伊、紀伊の西は伊勢。
山城の西は丹波、左に摂津、左の西は播磨、右は但馬、右の西は因幡、丹波の西は美作、左は備前、左の西は備中、右は因幡、右の西は伯耆。
美作の西は安芸。出雲の西は石見、安芸、石見の西は山口で古の周防州である。山口の西は長門、ここで海を渡る。
渡って西は豊前、南は豊後、其の南は日向、豊前の西は築前、西南は後築。後築の南は大隅、大隅の西は薩摩。
豊後から東南に渡ると、土佐、伊予、阿波があり、阿波は海を隔てて淡路と近い。土佐、豊後の間は佐加関。薩摩の北は肥後、
又其の北は肥前。肥前から西に渡ると平戸、平戸の西は五島、北は多褻島、伊岐、一番北は対馬、それぞれの島は酋長あり。

山城君は弱く、名前のみ。倭はその号令を聞かず、互いに争い、強ければ従わせる。
豊後国が最大で、博多経由で五島を歴てやってきて、帰りは長門を通って帰る。
毎年清明後から五月まで、重陽後から10月まで常に東北風が吹くため倭寇に有利となる。
そのため海防のときは三四五月を大汛、九十月を小汛として警戒せねばならない。
倭寇が多いのは薩摩、肥後、長門の三州で、次に大隅、築前、築後、博多、日向、豊前・豊後、和泉となる。
男子の首領は頭を剃り、黥面文身。婦人は髪を結っている。皆素足で、時々履をはく。勇猛で死を恐れず、戦う時は赤裸で三尺の刀を舞わせる。

名跡形勝としては、「邪摩堆」「阿蘇山」「東奥州(黄金の産地)」「五龍山」「平戸島」「一岐島」「八角島(蒙古、高麗を日本が滅ぼした所)」
「聚快楽院」「相坂関」「赤門関」「千丈渓」
物産としては、金、銀、如意珠、青玉、瑪瑙、琥珀、水晶、水銀、螺鈿、石硫黄、銅、鉄、錦、細絹、花布、刀、屏風、扇、硯、漆、
犀象、黒雉、山鼠(牛のようなけもので、大蛇に呑み込まれても穴を開けてしまう)

890 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/18(日) 17:17:53.08 ID:chYKDCHe
この張燮、「なぜ日本人やオランダ人(日本の記事の後に紅毛蕃(オランダ人)がある)を美化するんだ?」
と言われた時、「事実を書いたまでだ」と答えたそうだが、
美化したような記述あるかな



891 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/18(日) 17:22:56.47 ID:5kXMhSIL
>>890
当時の日本の評判がもっとショボかったのでは

892 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/18(日) 18:29:14.95 ID:lzSjY9GA
野蛮人の土地に名勝や希少な鉱石物産などあるはずがないのである
と思っていたりして

893 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/18(日) 21:59:33.09 ID:I1Yy+r3R
薩摩人が鬼畜ってことは外国人も分かってたんだな

894 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/19(月) 18:32:41.24 ID:uEDirrNW
地理の記述で西の左のってのは違和感あるな統一しろよと

895 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/19(月) 19:29:35.39 ID:gTXWMnPN
「左」遷ていうくらいだからこの時代の士大夫にとっては基礎教養なのでは

902 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/21(水) 14:21:42.70 ID:x88AXbB6
>>889
山鼠ってなんだと思ってググったらめっちゃ可愛い(*´ω`*)
こんなのが大蛇に呑み込まれても穴を開けてしまうのか…

他にも犀象?動物園かな?

903 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/21(水) 16:05:30.59 ID:ixj2rUIK
古代ローマ人にはごちそうです

904 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/21(水) 16:55:52.35 ID:XjfB0FTi
ダンジョウ飯

905 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/21(水) 22:43:33.42 ID:TW/7yCGd
>>902
>他にも犀象?動物園かな?

ボス「センゴクパークには沢山の鬼や天魔が暮らしているよ、君は何が見たい?」
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ざっと読むと「強いから従ってない」みたいにも読める事かな?
    野蛮で無知だから、我々に従う知性もないではなく
    強いから我々に従わないみたいな書き方にも読めるの。おかしくない?

    …という感じとか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この記述をヒントに邪馬台国の場所を特定できないかな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    中国人は強いものは強いと認める文化っぽいよな
    逆言えば弱いものは弱いもの扱いするw

    日本人は強かろうが弱かろうが気に入らない奴は気に入らないってとこあるかもね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    文身って入れ墨のことだよな?当時の中国人はまだ入れ墨が日本の一般的文化だと思ってたんだな

  5. 名無しさん | URL | -

    >892 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/06/18(日) 18:29:14.95 ID:lzSjY9GA
    >野蛮人の土地に名勝や希少な鉱石物産などあるはずがないのである


    いや、漢から唐までのネイティブ思想、宋から明初の復古思想の、元来の中華思想ってそうでしょう。

    朝貢貿易も「お前らが世界の中心の俺らに貢物もってきた?
     ああ、偉い偉い、いい子いい子。どうせろくなもの取れないのに遠いとこよくやってきた。
     じゃ、これあげるから」って、貢物以上の価値のあるものを下げ渡すから
     みんな喜んで朝貢に行ったから成り立っていたんであって。
     もらうもんだけもらうようなぷち中華思想だったら誰も寄り付かなくなるだけ。

    元と清で中華民族のプライドずたずたにされ、2度のアヘン戦争で支配民族の満州族のプライドがずたずたにされたから現実を見るようになった。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ヨーロッパはそれ以前にイスラムやモンゴルその他にボロボロにされたからな
    ちょっと早かっただけのことよ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    逆に平家物語みたいのは生まれない風土だよな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    紀伊の西は伊勢とか書いてるのに特定なんかできるわけない
    魏志倭人伝の記述で方角が間違ってるのが混ざってる可能性があるくらい

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    不老不死の薬を燃やしてしまった竹取物語のラストシーンなんか理解不能だろうね。
    始皇帝が読んだら怒るだろうな……

  10. 人間七七四年 | URL | -

    魏志倭人伝の「投馬国」は「殺馬国」だったてことで
    九州説にしちゃおう

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ハリウッド映画に出てくる日本の家って、中国の古い建物なんだけど、いまだに「日本=中国」のイメージが強いのかな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10821-ff29a59f
この記事へのトラックバック