週間ブログ拍手ランキング【06/22~/28】

2017年06月28日 18:56

06/22~/28のブログ拍手ランキングです!


皆さん歯を大事にしましょう。 22

ならばこれからは尚更に 13
終始の勝敗は、終始の政による 13

和談の使い 10
織田信長の頃まで、槍という功名は 9
1563年頃の松永久秀 9

山村の策略 6
体内の光物 5


今週の1位はこちら!皆さん歯を大事にしましょう。です!
前近代において「虫歯」って、人類にとって大変な脅威だったそうです。
根本的に「抜く」しか対処の仕方がないですからね。それだけに歯のことについては、現代人が想像出来ないほど、
本気の「祈り」が、これは洋の東西を問わずあったようですね。
そんな事を思い出させてくれるお話で、「尚武の家」であり少々の負傷などではびくともしななそうな島津家においても、
葉の痛みは別格であったか、なんて少々微笑ましくも成ってしまいましたw
現代の我々も、虫歯云々だけでなく、将来長く自分の歯で食事ができるためにも、葉を大切にしないといけませんね!

2位はこちら!ならばこれからは尚更にです!
これは立花宗茂のお話。宗茂は自分の立ち位置の理解が、実にシンプルですね。「武」こそが自分たちの存在理由だという
その単純かつ強烈な認識。いかにも宗茂らしい、と感じてしまいます。
実際に、大阪の陣などでも宗茂は秀忠の参謀のような役割をしていたようで、その軍事の能力、知識によって大名として
復帰できた、というのは概ね事実でも有るのでしょうし、逆に言えばここまでシンプルに自分の役割を理解していたからこそ、
家康、秀忠もある意味安心して彼を引き立てたのかな。なんて事も感じてしまいました。

そして同票でもう一つ!終始の勝敗は、終始の政によるです!
こちらは豊臣の滅亡について、端的に言えば「一日や一度の戦の結果で滅びたのではない。それまでの政治や家の運営の
失敗の蓄積で、敗北したのだ」ということでしょう。これはもう確かにその通りで、「負けに不思議の負け無し」なんて松浦静山の
言葉がありますが、「滅亡に不思議の滅亡なし」とは言えるのでしょう。
現代人は、様々な場面で状況が悪化した時、わりと短絡的に、どこが悪かった、何が悪かったと原因を決めつけてしまうことが
多く有るように感じます。しかし、実際にはそうなるに至る様々な蓄積があるわけでして、この逸話から、そういう思考位が大切だよ・
という事を教えてもらったように思いました。



今週もたくさんの拍手を、各逸話にいただきました。いつもありがとうございます!また気に入った逸話がありましたら、
そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
( ´ ▽ ` )
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10832-ec924306
    この記事へのトラックバック