かつて朝廷が関白職を設置した由縁を

2017年07月03日 19:01

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/03(月) 18:17:25.88 ID:8WDBP3oZ
羽柴秀吉が、自らを関白に任じ天下のことを預かり白すべき事を望んだ時、禁裏は勅定として

『古より執柄に任じられる家は定まっており、藤原氏が相続している。秀吉の姓はいかなるや。
このような事は、その姓に従っているものである。』

とあり、伝奏もそのように秀吉に説明した。

秀吉はこれを聞くと

「私は元百姓の子であり、姓氏ともにあらず。天子はこれを知り給いながらかくの如き勅定、
甚だ以て心得がたし。

ここで考えてみるに、往古より、生まれながら姓氏を持って出て、これぞ源平藤橘と、
自然に相備わるような事はない。時の天子がその生縁に因ってその姓を賜り、その人の住む場所により
在名を名乗る。

しかれば我、今武威を以って天下を併呑した。天子はどうして相応の姓を与えないのか?

また関白職が藤氏に限定されるというのもこれまた心得がたい。
関白は天下の政務を預かり四海の権を執る職であり、今この職に任じられるのは私以外に誰がいるというのか。
藤氏歴代関白に因循するといえども、ただ有名無実な存在であり、何の意味もない。
かつて朝廷が関白職を設置した由縁を、能く考えてみることだ!禁裏にはそのように返答してほしい。
よき勅答を待つ。」

これにはさしもの伝奏の公卿も、言葉もなく退出した。
そして天子はついに豊臣の姓を下し、秀吉を関白の職に任じた。

(士談)



75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/03(月) 20:50:35.25 ID:pm5eutU1
関白就任は棚ぼただったんだよね
この話の様に姓のせいで関白就任が断られたなら別に太政大臣でもいい気がする
清盛の前例があるし
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    江戸時代には秀吉が一時、藤原氏になったことは黒歴史化していたんだろうか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まさに正論だねこれはw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉「力こそパワー!」
    大陸じゃ劉邦だの朱元璋だの得体の知れないのが天子になってるしな…
    朝廷を保護した秀吉はまだ優しい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    菊亭さんも苦労したろうな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10840-7a561ee2
この記事へのトラックバック