この国の殿は

2017年07月09日 10:47

85 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/09(日) 01:30:12.47 ID:2VY1cRSN
 この国(筑後)の殿(田中吉政)は一般的にその発展を妨げずにいたところ、
眠ってはいけない悪魔は、その手下である数人の異教徒を通じて、
その発展を邪魔するだけではなく、殿が発した若干の言葉をきっかけにして
既にキリシタンになっている人たちを帰京させることさえ望んだ。
その言葉とは父祖の教法を変えるのは望ましくない、というものであったが、
彼らはその言葉の意味をねじ曲げて自分たちの邪な悪意に従って解釈した。
こうして、かの異教徒たちは、殿の公の役人であり、
キリシタンがいる数ヵ村を治めていたので、
既にキリシタンになっているものは回心せよとそれらの地区に布令を出した。
(中略)
 さて、キリシタンたちがこのような窮状におかれているときに、
殿がたまたま司祭たちの修道院に来て食事をし、そこにある楽器を見た。
その折、司祭に対してすこぶる愛想がよく、優しい態度を見せ、
(司祭は)彼に大いに敬意を表して厚くもてなした。
キリシタンは、自分たちがキリシタンたちに対し企んだことを殿がもし知ったならば、
よい結果にはなるまいと考えて、その悪企みを断念することにし、
キリシタンたちは自由に、平穏になり、敵たちは困惑し恥いった。

(イエズス会日本報告集1-4)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    吉政「あクマだ!!」
    隆信「ん?」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    眠ってはいけない悪魔って、笑ってはいけない○○の仲間みたいw

  3. 人間七七四年 | URL | nLnvUwLc

    エキサイト翻訳かな?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    後半がわかりにくい…
    役人から回心せよってお達しを受けたから回心しようと思ったけど、
    殿様が意外に優しく接してくれたから回心するのやめたよって話?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    あー 中略されているところで何か騒動を起こす計画でも立てていたんだと予想したが、
    「キリシタンは、自分たちがキリシタンたちに対し企んだこと」「その悪企み」って棄教のことで、
    それを「断念」=信仰を貫くことを決めたから、「敵たちは困惑し恥いった」と。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    田中ー
    タイキックー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10856-245c0d80
この記事へのトラックバック