人を見立てる時は

2017年07月27日 10:37

16 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/27(木) 00:26:25.47 ID:FnnnmptH
ある時、徳川家康公の上意にこのようなものがあった

「人を見立てる時、自分を基準にするべきではない。自分のかしましい心を曲尺と定めて
人を選ぶ時、自分より勝る人間を選んで薦めるだろうか?

また、その自分にまさる良き者は、自分に対して追従をすることはないだろう。
自分に付き従う輩にばかり、目をつけるのは不忠というものだ。」

(武野燭談.)


スポンサーサイト


コメント

  1. 名無しさん | URL | -

    権現様「こやつは…めんどくさい奴。こやつは…めんどくさい奴。こやつは…なんじゃ皆めんどくさい奴ばかりではないか」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    後藤又兵衛「さすが神君は物のどおりが分かってらっしゃる」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    そう言えば、北陸の方で家臣達が言う事聞いてくれなくて家出した大名が居たとか居ないとか・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10879-b1465c74
この記事へのトラックバック