武士の作法

2017年07月30日 19:08

115 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/30(日) 16:42:29.39 ID:GEqodZar
武田信玄の時代、武田家の武士の常々の慣習として、、道において、一人は騎馬、もしくは足駄(雨天用の
高下駄)履いていて、もう一人が歩行で行き会う場合、その両人がたとえ仲が悪くても、歩行の者が
物陰に隠れるのが当然とされた。そして騎馬、もしくは足駄の者は遠くで地面に降りて時候の挨拶をする。

先に歩行の者が物陰に隠れたのは、馬から降ろないでおこうという思いやりであり、武士としての
礼儀である。このように人が礼をしたというのに、これに挨拶を返さないのは非義というものである。
また用心のためにも、騎馬のものは降り足駄を履いていれば脱ぐのは、良き武士の作法である。

しかし馬に乗ったまま通るのなら、降ろすことは無用である。それは相手が武士の作法を知らぬ女侍なのだ。
逆に徒歩の者が傲慢で「降りよ!」などと言い掛けて来るのなら、それは降りる必要はない。
降りるくらいなら相手を討ち果たすべきだ。

もし又、親兄弟の敵のある者が徒歩で通る時、狙われる人が騎馬で行き会った場合、
狙われている者は「御使に参る!御免候へ!」と、嘘を慇懃に言って乗り通れ。
こうすれば狙う人も討たないことが不覚にならず、騎馬のまま退けば追いつかれることもない。

(士談)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    甲斐で馬に乗っていたら少し先で武士の集団が物陰からこっちを伺ってたりするのか…知らない人なら引き返すだろうなあ。

  2. 名無しさん | URL | -

    信繁「ひらめいた」
    信幸「またロクでもないこと思いついたな」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    女侍っていう言い方が面白いですね。この場合はどういう意味なんだろ

  4. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    女男とかの相手を侮蔑する呼び方じゃないの?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    男の道を知らない=女 って感じじゃないの?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    男を知らない……

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10884-79ee03c9
この記事へのトラックバック