妻子を引き取る

2017年07月31日 12:09

24 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/31(月) 08:23:38.85 ID:zeMg4GZe
穴山梅雪は駿河国江尻に、曽根内匠と共に番手にあり、徳川家康に対し内通を申し出ていたが、
梅雪の妻子は人質として甲府にあり、これを引き払うことは難しく、殊にその頃は武田勝頼も梅雪を疑い始めていた。

そこで梅雪は密かに、徳川家康に内通を打診して、『返り忠仕るべし』との書状を持つ使節が来たのを、たちまちに誅殺した。
そしてその書状、並びにその頸を勝頼に見せた。
勝頼はこの計略に謀れ、梅雪を疑う心を和らげた。これにより梅雪は、妻子を引き取ることが可能になったという。

(士談)



25 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/31(月) 08:27:55.27 ID:kaq0+LQg
妻子のために家康の使者を殺しておきながら家康に降るのか
のちに梅雪だけ死ぬのも仕方ないな

26 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/31(月) 08:54:53.00 ID:RR+3UwN9
曽根内匠といえば信玄の両眼の1人だけど
こっちは内通してなかったんだろうか

27 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/07/31(月) 11:02:37.61 ID:9PztAVDP
>>26
義信派だったらしいし徳川に無抵抗で降りてるから内通あったっぽい
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    元就「そう言うことするなら罪人使えば良いじゃ無い」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    武田が滅びたのは勝頼のせい。信玄のせいで滅びたとか言う奴はアクロバット擁護

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    今どきそれは無いわ。
    特に信長を裏切って恨みを買ったのが大きい。

  4. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    やっぱり甲斐から駿河へ出るのと、信濃から美濃、越後、上野へ出るのとではかなり違うのかな?

  5. 名無しさん | URL | -

    勝頼「あなや、まあ」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    夏だから変なのが出るんだよw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    信玄の外交は「約束は破るためにある」と「弱みに付け込む友達面」が二大テーゼだから
    勝頼がそれを貫けばかえって生き延びたかもしれん

    そのエートスを濃厚に受け継いだ表裏比興の表裏比興っぷりを見ると割とマジでそう思う

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※2・7
    後出しジャンケンならどうとでも言えるのでは?
    何処の家だって世代交代で思想の変化なんて当然ですしね

  9. 人間七七四年 | URL | -

    あそこの家は逆に小さいから生き残ったようなもん

  10. 人間七七四年 | URL | -

    だから伊賀越えで別行動を取るくらい家康のことを疑ったのか。
    梅雪夫人は後、徳川氏にそれなりに重用されたのにね。

    切られた使者って誰だったんだろう。
    こんな場面での使者って身分はそんなに高くなさそうだけど。

  11. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ※10
    自業自得じゃないかな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10885-3d56787f
この記事へのトラックバック