○ 重箱獅子舞(三郷町野井)

2017年08月02日 19:09

116 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/02(水) 01:15:04.30 ID:qWCCf7Sp
○ 重箱獅子舞(三郷町野井)

口碑によれば徳川家康が武田氏と戦い、利なくして逃れて野井に来た時、

たまたま村民らは村社武並の祭典に集い、神前で酒を酌み、興に乗じて
重箱を戴き袱紗を被り舞っていた。

家康は、「ちょうど良い」とその群れに入り、ついに敵の危難から救われた。
家康は天下統一の後、この武並社の祭礼を重んじ、

“重箱獅子の舞”を奨励した。毎年の例祭には岩村藩主に使臣を遣させて
獅子舞を臨検させ、野井祭の名が高かったという。

今なお、重箱獅子の舞を伝えている。

――『恵那郡史』



117 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/02(水) 01:17:29.09 ID:DdYy0X2r
なんでもかんでも三方ヶ原のせいにすればいいと思うなよw
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    アニメ化したら、戦線が崩壊してから家康が浜松に帰り着くまでの間のエピソードだけで1クールくらいかかりそうだな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    今までの合わせると家康の逃走ルートが凄いことになりそう

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    ということは追撃する武田もまたモンゴル軍並みの機動力に
    浜松くんだりでウロウロしなければ瀬田に旗を立てるぐらい余裕ちゃうんか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    実は小豆餅ばばあから逃げ回っているうちにあらぬ方向行ってしまった可能性w
    なお距離は

  5. 人間七七四年 | URL | -

    権現様「ちょうどよかった。その重箱に…」
    彦左衛門「それは食べるものを入れる箱ですぞ」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10888-95220dba
この記事へのトラックバック