それ故弾が力なく

2017年08月12日 18:18

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/12(土) 18:15:34.81 ID:P5a+mbW7
関ヶ原の時、大道寺(直次か?)は黒田家の陣にいた。9月15日に先に出て様子を見ていた所、
西軍の陣より鉄砲がひたひたと打ちかけられ、これにより討ち死にも多く出た。
このような所に黒兜の武車が出て、敵方の様子をじっくりと観察していた。
彼は馬に手綱をゆらゆらと打ち掛け、いかにも心静かに周りを見ていた。
その様子が大変見事であったので、大道寺は彼のそばに寄って居た。

すると彼は、「只今戦は始まった」と独り言を言った。
大道寺はこれを聞いて「何ゆえに左様に見られるか?」と尋ねた。
武者は

「鉄砲の弾が足元に落ちたが、その落ちようが、力なくころころとしていた。
これは敵との間合いが近くなり、急ぐ事で筒の中に弾薬がろくに入らないまま発射し、
それ故弾が力なく落ちるのだ。」

そう説明した。

ある話によると、この武者は斥候に出た井伊直政であるとの事である。

(士談)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この人はなにしてもカッコイイな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    赤じゃなく黒い彦にゃんか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>黒兜の武車が
    黒塗りベンツのVIP装甲車の事か!?
    流石の直政も偵察の場合は目立たない様な格好してたのかな?
    セジウィック将軍みたいな事にならなくて良かった

    ※2
    余計なことかもしれないけど、彦にゃん=息子の方なので
    親父の方は呼ばないよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    直次この時は福島正則の家臣でないの?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    井伊直政「只今戦は始まった」

    大道寺「何ゆえに左様に見られるか?」

    井伊直政「さっき鉄砲ブチ込んでやった(しれっ

    大道寺「フハッ!」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    秀秋「東軍から鉄砲が打ち込まれたんですがそれは」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    戦国ちょっと井伊話

  8. 人間七七四年 | URL | -

    井伊家家臣「だから殿自ら偵察に出るのは止めろと日頃から」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    藤堂家臣「それ家の殿にも言ってやって下さい」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ?「鉄砲除けのひさしが付いたでっかい兜かぶってれば問題ないよね!」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    蒲生氏郷「アホな主君を持つと下が苦労するのう」
    黒田長政「誠にもってその通り」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    菅谷勝貞・政貞・範政「貴殿ら、それ小田家でも同じ事言えんの?」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10902-e46dc8ea
この記事へのトラックバック