細川幽斎「武家に仕える者は」

2017年08月17日 17:14

148 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/16(水) 21:55:42.25 ID:18h3KstQ
細川幽斎「武家に仕える者は」


(幽斎の)御座の間の近くでたくさんの小姓衆がどんなに騒ぎ暴れていても
(幽斎は)少しも叱ることはなかった。

賄いの恩斎と申す者が時々(小姓衆を)叱るようなことがあると
幽斎公は
「武家に仕える者は、事が起こってしまえば今すぐにでも命を失う物だ。
 可哀想だから、子供は暴れていても制してはいけないよ」
と仰せられていたので
召し仕えている衆は自分の親よりも(幽斎のことを)
深くありがたく思い、例え大名になるとしてもこの御家を出て
別の主君を頼みにしようと思う者はいなかっただろう。
だからこそ小勢で不慮に籠城をなされたのに(※1)
多勢の寄手が容易く攻めることが出来なかったのだ。

この幽斎公の御俗名は犬打つ童まで(※2)も知っている細川兵部大輔藤孝公と申す。
若き時より弓馬は言うに及ばず、和歌、連歌、鞠、包丁、打ち囃子の道までも
心得られて、その道の極みに至るまで情趣を解することによって
人に劣るような芸は持たない人である。


――『戴恩記』

(※1)田辺城の戦いのこと。
(※2)犬を追いかけ回す三歳の児童でも知っている、という意味。



149 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/16(水) 22:27:22.30 ID:KCxrewke
細川だと進士流なのかな?

150 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/16(水) 22:27:49.97 ID:KCxrewke
ああ、包丁道のことね
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    そういう育成方針だから三斎は・・・

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ちょっと嫉妬深い事以外は文武いずれも優秀な子にきちんと育ったじゃないか
    一体どこに問題があるのだね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    謙信の似たよう話では速攻で手討ちにして親父まで殺してたよね。同じ武士でもこの違い

  4. 人間七七四年 | URL | -

    2
    伊代「は?ウチの兄が優秀?」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    2
    伊代「は?ウチの兄が優秀?」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    「ちょっと」って概念が崩壊する

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >>可哀想だから、子供は暴れていても制してはいけないよ
    平手政秀「そもそも言う事聞いてくれなかったです」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    制されないから暴れたというよりも、
    三歳さんは幼少の頃はかなりはっきり藤孝さんにうち捨てられていたんじゃなかったっけ

  9. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    なんの影響か鉄拳制裁を喰らっているイメージがある
    あと信長にはすごい甘やかされていたっけね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    永禄の変の時に藤孝が幼い忠興を放置して逃亡したため数年間乳母の庇護の下で生活している
    なお藤孝は妻はきちんと連れて行って逃亡中に弟を一人作っていた模様

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >>置いていかれた
    言っては何ですが、当時は子供の死亡率の高さもあるし、武士である以上子供は家の為も含めて
    複数作るのは当然ですから、自然と子供がある程度犠牲になっても、他の子供居るしと言う思考に
    なっていても可笑しくないかと?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >人に劣るような芸は持たない人である。
    つまり、居合いに早撃ち皿投げから大工仕事まで、なんでも日本一の男。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    つまり幽斎は一人TOKIO?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13さん、幽斎さんの息子さんのお友達で「独眼竜」と呼ばれてる方も一人TOKYOですよ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    「優しさというか諦め、放任とかに見える。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10909-82f1000c
この記事へのトラックバック