信親忠死の跡なれば

2017年08月31日 16:58

87 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/30(水) 14:48:51.99 ID:D/ZmCpnd
去る程に豊後の軍、仙石権兵衛が無法ゆえに寄手大きに打ち負け
十河・田宮を始め、軍兵どもあえなく討たれ、仙石・大友は豊前国へ逃げゆき
弥三郎(信親)は討ち死にし、宮内少輔(元親)は生死知らざる事が
追々都へ聞こえて来たので、秀吉公大いに怒りて仰せつけられるには

「権兵衛は元来強気無法の者であれば
 敵を侮るな、一人駆けはするな
 衆議一同の上進退せよと再三かたく示したのにその議を用いず
 宮内少輔の諫言を聞かず、我意に任せる事は上を軽侮し
同僚を軽慢するのと同じであり、曲言の専一である。
 察するに彼は、先年宮内少輔に手痛く当たられた事を深く心意にはさみ
 この度公議を借りて讐を返し、元親に恥辱を与えんとして
 かえって己に及んだのであろう。これは武士の本意ではない
 一方弥三郎は同列の罪逃れざるを知って潔く討死した。不便というにも余りある
 我、彼が不快を知らず、相将に列した事は甚だもって落ち度であった
 今更悔やむに益はなし、しかしながら元親がもし討死となれば
 土佐国の一揆供がその弊に乗って狼藉する事もあるだろう」

そうして信親忠死の跡なればとして
土佐国政の事を仰せつけられ
増田長盛、藤堂高虎を上使として土佐国へ差し下し
長宗我部家に慰問をなし、例え元親親子相果てたとしても
領地は安堵して次男香川五郎二郎に遣わすべしとの御朱印を下された。

(土佐物語)



88 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/08/31(木) 10:50:37.09 ID:tjcfsPmD
十河家.....。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | tidwzxvc

    生駒「残念なことに千松丸が若年で病死しちゃったからね仕方ないね」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まあそもそも仙石・長宗我部・十河を組ませた秀吉の人事自体がね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉「いろいろ禍根はあるが、拳を並べて戦えば
    必ず友情は芽生える! …って漫画で読んだ」

  4. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    まあ九州への先手は毛利と四国勢になるのは必然やし
    四国勢は四国征伐の直後ってこともあって6千ぐらいで分割したり単独で攻勢かけれるほどやないしな
    かといって半端に誰か国元に残してなんかやられても嫌やし
    主攻と北部九州の制圧は毛利に任せ、
    四国勢はまとめて大友が降伏しないよう助勢にして、かつ無理すんなと釘刺して遅滞防御ってのは
    まあ妥当な判断やと思うけどな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    なお軍艦の人選

  6. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉自身信長がなかなか来てくれないせいで尼子を見殺しにせざるを得なかったこともあるし
    仙石ぐらい古株だったら「こいつは俺のやり方を見てきたはず」と思ってしまうのも仕方ない

    というか秀吉は「自分だったらこうする」を部下に求めすぎて失敗人事するパターン多い
    苦楽を共にした親しい相手ほどそういう傾向がある気がする
    神子田や尾藤に過剰な罰を与えたのも期待しすぎの裏返しのような気がするし
    小田原の役で利家の処置が手ぬるいとか激怒したりするのもそう
    秀次事件もそういう性格の延長線上にあったんじゃないの

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    おいおい、上月城篭城は尼子側が命令無視で行った物で撤退命令自体はちゃんと出てたぞ!
    しかも状況としては後方の別所が裏切り、それを継起に小寺家を始めとして播磨勢が大量に離反。
    補給連絡の便から言って播磨平定を最優先するのは当然。

    目下の敵は眼前の毛利家と上月城の持ち主である宇喜多家。後方には播磨勢と石山本願寺も片付いていない。
    流石にちょっとその見識は酷いよ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    上月城に撤退命令が出たのは後詰の困難が濃厚になってからじゃないの
    それを尼子が無視したとしても籠城が始まった時点では命令無視でもなんでもない

    そもそもそれは目の前の味方の危機より戦略的な判断を選んだって事だろ
    秀吉はそうしたし仙石にもそうすることを期待した、がそうしなかった
    だから秀吉はメチャクチャ怒ったんじゃないのっていうのが話の肝でね

  9. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉は自分が出陣するまで、大友と相談して手堅く豊後を守れって指示を出してるんだけど
    四国勢はその指示通りに豊後防衛にあたっただけなんだけどねぇ...

    実際、ここを抜かれて府内まで乱入された訳だしさ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    最近だと、仙石がいくらなんでも逃げすぎなのは擁護不可で変わらないが
    消極的すぎる義統や実は突出にノリノリだった四国勢も責任無しとは言えない、
    みたいな意見もあった気がするけど実際どうなんだろう

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    四国勢は臣従したばかりなんで
    心中はどうあれ消極的な意見は出しにくい立場だったかと

    しゃ-ないと思う。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    漫画センゴクが連載終了し、読者層も死んでいなくなったら
    結局以前の評価に戻る気がするな

  13. 人間七七四年 | URL | JPG8Eu66

    ※9
    府内を守ろうと思うなら救援対象の鶴賀城は最終防衛線でここを抜かれると府内までわずか3里だからね
    逆に臼杵の大友宗麟も府内館も守るのを放棄して大友義統を連れてもっと守りやすい城に移動していいなら無理して鶴賀城を救う必要はないけど

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    大友本軍を本戦に引きずり出せなかったことは
    肝心のその相談が不首尾だったことを強く匂わせるように思う

  15. 人間七七四年 | URL | -

    状況が違う上月城と九州攻めの失敗を同列に語るほうがおかしいと思うの

  16. 人間七七四年 | URL | cFRtnd0A

    ※14
    相談も何もこの時点で大友本軍といえそうなものは既にない
    有力家臣たちがそれぞれの居城で個別に対応してるのが実情で大友義統自身が率いてる手勢も僅かで四国軍に合流してきたのも戸次統常のような身辺を整理して志願してくるような人くらい

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10930-4b697d60
この記事へのトラックバック