一番乗りは

2017年09月12日 12:06

104 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/12(火) 10:21:27.13 ID:JUYJ/n2X
島原の乱の終結後、幕府の下知により九州有馬で戦った諸大名をねぎらうようにと、将軍家光より
大田備中守が豊前小倉まで派遣された。
九州の大名小名が集まった中、備中守が演説した。ここで松平信綱が備中守に向かって申した

「今回、鍋島が軍法を破り、事粗忽が起こった。これについては既に備中守にも伝えてある。
江戸において、如何様にも上意にまかせ申すべきである。」

鍋島(勝茂)はこれを聞いて反論した
「私は全く軍法を破ってはいません。榊原殿が一番に城へ乗り入ったゆえに、彼を討たせては
如何かと存じて押し入ったのです。これは併せて御忠節とも存じます。」

信綱「然らば榊原方へそれを確認すべきだ。」

こうして鍋島方より榊原飛騨守(職直)へ問い合わせた所、この頃榊原は長崎に居たが、これに返答し
「それがしの倅、佐左衛門佐が一番乗りを致したため、倅を見殺しには出来ず、続いて乗り入りました。
倅は若輩なため、御軍法を背きました。全く鍋島の一番乗りではありません。」

そう答えたため、榊原が一番乗りであることが明確と成った。

これにより榊原職直は長崎奉行を解任され、閉門とされた。

(士談)



105 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/12(火) 19:14:38.33 ID:mUmd8lxQ
おい、金の斧と銀の斧持って行け!
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話どおりだと、↓の話の奥方の意見が正解だと言うことになるのか。

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4528.html

  2. 人間七七四年 | URL | -

    龍造寺家は隆信の頃、軍法と呼べるものが無かったらしい
    実際、執行種兼は明朝に城を総攻めすると決まってたのに、勝手に夜襲して咎められるどころか俸禄得てる

    江戸時代にまでその感覚が残ってるというのは思えんけど、有り得るかもと思った

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    島津攻めの時あまりの行軍のひどさに秀吉がフォローを入れてやって何とか面目を保ったくらいやしな

    隆信一代で急拡大して制度面の整備が追い付いてなかったんやろね
    そこに手を付ける前に隆信本人が頓死したうえ後継者は指導力不足で放置
    おまけに役には立たないが口うるさい生き残りの龍造寺一族がそこかしこにいる
    いくら晴れて大名になったといってもこれだけ足元が不安定では軍法改革などとても…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    知恵伊豆「トンチの働かせどころがないのう」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    一旦没落した龍造寺家だから隆信時代の隆盛具合だと、動員数を上げて勢力を伸ばすことを第一として、
    軍制に時間を割く余裕が無かったんじゃないのかなと個人的には思ってる

    >>制度
    四天王だって数が合わない位だから、隊列・軍法なんて関係ないのさ<マテッ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10947-22d0e9a8
この記事へのトラックバック