蒲生氏郷の勤務管理

2017年09月19日 14:37

133 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/19(火) 00:17:03.10 ID:IG/5qCrB
蒲生氏郷は伊勢松島の頃、1日に3度ずつ着到(出勤帳)を付けさせ、人々の勤務状況を確認し
働きを励ましたという。また勤務状況を調べるため、山伏の姿に変装させた間者も使っていた。

これを考えるに、勤務において人を励ましたるまないようにするためには、このように詳しく
調べなければ通用しないものなのだ。自分の身を省みても、聊か油断あればやがて放埒に至る。
他の人もまたそのような物だろうから、度々に気をつけ、勤務状況を究明することが必要なのだ。

(士談)

蒲生氏郷の勤務管理エグいな



134 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/19(火) 00:19:47.20 ID:dH0BVuCT
だって工場長だし

135 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/19(火) 00:32:57.94 ID:FfJk9yvS
当時「働く」ったら武力行使のことだよな?

136 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/19(火) 00:42:33.79 ID:Yut3aWsC
「着到」も連れて来た軍勢の内容確認だわな。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    氏郷「タイムカードおいしいれす」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    これだけ何度も確認するってことは、やっぱりさぼっている人達が一定数居たって事かな?
    それとも単なる心配性だろうか?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    さぼった奴は首にする(物理)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    于禁「そのくらい厳格じゃないと軍団の統率なんてできませんよ。むしろ生温いくらいです」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「温くはない。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10960-26c76c73
この記事へのトラックバック