この一言を聞いて、

2017年09月23日 11:12

138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/23(土) 08:41:10.41 ID:Ju6D0dwn
大友と島津が高城にて戦い、大友が敗北し、ことごとく追い打ちに討たれる中、豊後衆の妻子たちは
父兄の討ち死に、子夫の死亡を心配し、皆外に出てその安否の情報を待った。

そのような中、大友義統によって出頭した侍が生き残り、逃げ帰ってきた。
これを義統は大いに喜び、

「誰々が討ち死にしようとももはや聊かも苦しからず!汝が存命であれば千万人にも超える!」
と発言した。

この一言を聞いて、家中ことごとく心のなかで大友を見限り、やがて滅亡に至ったのだという。

(士談)



139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/23(土) 10:48:05.50 ID:hZL0SQ22
頼朝みたいに個室に呼び出して
「お前だけが頼りだ。(良く頑張った)」って生き残った奴らに声掛けすれば
忠誠↑↑だったのに(´・ω・`)

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/23(土) 17:46:05.08 ID:r5rCVYyc
>>138
言われた方も困るだろこんなんw

141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/23(土) 18:07:45.99 ID:u32JutHQ
>>139
義統が個別に呼び出すと違う逸話になりそうだし

142 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/09/23(土) 19:29:26.48 ID:2fDPs94c
義統の寵臣か
誰やろね
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    正純「してこの出頭した侍とは」
    正信「大友義統なら言いかねないという物の例えだと思うがのぅ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    出頭っていうのはどういう意味だ?

  3. 長宗我部元親 | URL | SFo5/nok

     出頭人、出世頭って意味じゃなかったかな

  4.   | URL | -

    直江状の「増右・大刑少御出頭」だと「増田長盛や大谷吉継が出世した」
    て意味

  5. 人間七七四年 | URL | -

    文章のニュアンス的には寵臣って感じだよね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    贔屓が過ぎると結束が崩れるという事だよなぁ。
    むやみやたらと人を持ち上げるのも考え物だな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    昌信「それゆえ拙者は常に殿でござる」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    若殿の寵臣に甘んじるような奴が
    朝鮮で改易された後、どこかに拾われるだけの武辺があるとも思えん…

  9. 人間七七四年 | URL | -

    1中 実弟が島津に内通する
    2二 キリシタンとしてノリノリで神社仏閣を破壊するが禁教令が出るとあっさり棄教
    3遊 棄教後宣教師に「元々優柔不断だから」という理由になってない釈明をする
    4一 朝鮮で小西を見捨てて撤退する(なお小西は自力で帰還)
    5左 府内から龍王城までついてきた貴重な家臣に妾を救出しに行かせる
    6三 そいつに恩賞を与えようとしたら拒否され説教された上出奔される
    7捕 息子に「(自分は酒で失敗したから)お前は呑むな」という情けない家訓を残す
    8右 戸次川の後寵臣の生還を喜ぶあまり討死した奴は惜しくないと発言
    9投 関ケ原で西軍に賭け無事敗北

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    本当に見事だと思うわw

  11. 人間七七四年 | URL | -

    「一柳直末討死の報に接した秀吉」の逆みたいな話ね

  12. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    一柳が死んだときは2、3日誰とも口をきかなかったんだっけか
    死を悼んだ秀次も直末の母親に800石を宛がってるんだね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10968-9a4e4b22
この記事へのトラックバック