FC2ブログ

藤原惺窩、直江兼続に対面する・悪い話

2009年01月28日 00:18

851 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 11:38:08 ID:VpWuq9FI
大河の主人公・直江山城守の話

直江兼続が藤原惺窩から、小早川隆景、上杉謙信、赤松広通などとともに
「武人ながら、文章もたしなむことのできる人」と評価されているのは
わりと知られているが、惺窩の兼続評は結構辛辣。
兼続、小早川隆景が藤原惺窩のもとを訪れたが、そのとき彼は不在だった。
そこで両者は引き上げるのだが、しばらくして惺窩が帰宅してそれを知った。
すると、惺窩は国元へ帰る途中の兼続をおいかけ、対面した。

のちに「どうして小早川ではなく、直江の方へ行ったのですか?」と聞かれ
惺窩こたえて曰く。
「たしかに兼続という男は器量は大きく、一世の俊英だろう。しかし、
彼は奸雄であり、もし彼が後に大をなしたら、会わなかったことを怒り
私を忌避し、害そうとするかもしれない。それを案じたので直江と
会ったのだ。小早川隆景は一世の君子なので心配はあるまいが」


なんというか、藤原惺窩の行動もいかにも儒学者らしいのだけど、
兼続のエピソードって、「できるやつだけど、性格に難あり」な
感じの逸話が多いような。



関連
藤原惺窩と直江兼続の対面内容
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3611.html
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    隆景さんの名前を使って持ち上げられる武将はたくさんいるが
    わざわざdisられる義将はホンマ泣いてええと思うわw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1100-e311f3c3
この記事へのトラックバック