FC2ブログ

肥後の加藤が来るならば

2017年10月25日 19:07

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/25(水) 17:50:24.41 ID:pJNNrnk5
薩摩の兵児(へご)の謡に

『肥後の加藤が来るならば、焔硝肴に団子まうそ それでもきかずに来るならば、首に刀の引き出物』

というものがある。
『団子まうそ』とは、即ち弾丸を以て膳に変えるという事である。

当時、加藤清正が肥後国に封じられていたが、島津氏はこれと境を接し、非常に警戒しており、
出水郷に要害を築いた。その時この謡をつくり、人夫たちに歌わせたそうである。

(今古雅談)



340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/25(水) 18:25:09.83 ID:uHmIUURg
速攻で秀吉に訴えられそうだがw

341 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/25(水) 19:04:50.40 ID:Ef10S7lE
NHKのその時歴史が動いたか何かで
「あく巻」ってお菓子といっしょに紹介していたような
秀吉の九州征伐の時の話と言ってた気がするけど、その時はそんなに加藤清正有名じゃないか

342 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/25(水) 21:04:01.30 ID:CcjnGyV8
あく巻き、あんまり美味しくなかったなあ
もっと砂糖を使えばよかったかなあ

九州戦の頃の清正って官僚としての役割を期待されていたんだね
ときたまそういうコメントが出てはいたけど、もともと代官職が板についてた人だったんだね

343 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/10/25(水) 21:44:02.95 ID:Sc/A6gmx
小西行長「あの…」
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    加藤が水俣を獲得して島津領と接触するのは関ケ原以降だから
    秀吉に訴えるとしたら相当腕のいい口寄せが必要だと思われる

  2. 人間七七四年 | URL | -

    実際、関ケ原直後に家康が島津攻めを企図したときに、
    新納忠元が兵を鼓舞するために作った歌の一節だよねコレ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    調べたら歴史秘話ヒストリア「関ヶ原、奇跡の敵中突破!~九州最強・島津兄弟の生きるチカラ~」
    のようだ、そっちでは関ヶ原直後の島津攻めが計画されたときに作られた歌、てことになってたようだ
    このサイトの1754新納忠元「びびった話」でも同じ歌が紹介されてるな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この歌が作られたのは関ヶ原以降だが、水俣は清正が肥後半国領主時代からの飛び地領じゃなかった?
    梅北一揆の時、佐敷城は清正の部下が管理してたし

  5. 名無しさん | URL | -

    肥後の兵児の庇護

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    相良家の史料によると水俣は九州征伐後は秀吉直轄領で、
    深水長智が秀吉から直々に代官として治めるよう命じられたらしい

    ただ、深水一族は長智の死後、慶長の役の最中に主の相良家に粛清されてて、
    それ以降のことが書かれてない

  7. 人間七七四年 | URL | -

    個人的なイメージだけど九州って何かにちなんだお菓子が多い気がする
    それとも九州地方のお菓子が有名なだけで、そう言ったお菓子は全国にあるのかな?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >九州って何かにちなんだお菓子
    朝鮮飴とかね。

    「焔硝肴に団子まうそ」
    これは素直に「えんしょうさかなに」
    と読むのか、「えんしょうこうに」と、「せいしょうこう(清正公)」と
    清正に掛けて読むのか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11008-02a665bf
この記事へのトラックバック