FC2ブログ

朝夕樫の柄をこそ

2017年10月27日 17:04

202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/27(金) 13:21:15.40 ID:QPdRFwSZ
織田信長の黒母衣衆に、伊藤武兵衛という者があった。
彼は坂井近盛という者を斬り尾張より退転し、駿河に亡命して今川氏真を頼った。
尾張からの牢人ということで、今川家の人々も彼を丁重に遇した。

ある時、乱舞の座において他の人々より「伊藤殿も何ぞ遊ばし候へ」と、座興を促されたが
彼は元より乱舞というものを知らぬため

「私は何も心得ませんので」

と断った。しかし「いやそう言われずに、何か一色」と更に促された。それでも
「今まで知らぬことであり、面目無いのですが、何も存じませんので。」

そういった所、座の若き者共、「この男、何も知らぬ」と嘲り、小鼓を彼に向かってころばして、
強いて所望した。
この様子を見て伊藤は、居直って言い放った

「私は若き頃より信長の脇に仕えて近国を従え、朝夕樫の柄(槍の柄)をこそ握っていたため、
穢多の皮を叩いた遊ぶ暇もなければ、知らぬなり!」

そして鼓を跳ね戻したが、かの若者達は

「いや、穢多の皮を叩く時は叩き、樫の柄を握るべき所で握る者こそ良いと言うべきだ」

そう言い、これに怒った伊藤が刀を抜こうとしたのを周りの人々が慌てて抑え止めさせた。

程なく、今川氏真は武田信玄のため駿河を退き、遠江掛川に籠った。ここを信玄と連携した
徳川家康が攻めた。
天王山の北に旗を立て、大須賀五郎左衛門、大久保七郎右衛門、松平周防守、土井豊後守らが
大手を攻め立てた時、城中には勇士多かったが、この時伊藤武兵衛が今川家の武士たちに言った

「穢多の皮の事承り及んでおりますが、畳の上では心安いでしょう。こういう時こそ少し叩いては如何か?
この武兵衛は信長の側にて習い置き樫の柄を握ってみせましょうぞ!」

そう申すと城より何度も打って出て、遂に討ち死にした。椋原次郎右衛門に討たれたという。
類少き勇者である。
しかし、もし彼に音曲の方の素養もあったなら、このように後まで心にかかることも無かっただろう。
であれば、知らぬというのは少し劣ることに似ているのではないだろうか。

(士談)



203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/27(金) 16:29:06.71 ID:xqOpkIKt
価値観が変わってしまっていることが窺えるな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    穢多の皮
    この言い方が気になるな。
    なめして張った革のことを言うのか、穢多が加工するのが普通だったため
    鼓のことを"穢多の皮"と言うようになったのか、初めて聞いた。
    同時代同じような言い回しを使った文書は残っているだろうか。

  2. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    穢多のことを皮田とかそれらしい呼び方もするみたいだし穢多が加工するからじゃないのかな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ちょっと話がズレるけど彦根藩津山藩では肉の養生食いが盛んだったので
    「さいぼし」という干し肉が郷土料理なんだけど、さいぼしは穢多非人を
    指す隠語でもあるらしい。当時の人的には牛馬から連想するのが穢多非人なんだろうな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    今川じゃな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    飲み会の二次会などのカラオケで、歌いたくないって言ってる奴に無理矢理歌わせる事ほどブザマな事は無い。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    平敦盛のように音曲の方の素養もあったからこそ、その散り様が心に残る人もいるし
    信長だってその「敦盛」を舞ってから桶狭間に行ったわけだし。
    出奔の経由が経由だけに同盟国の徳川ではダメだったんだろうが、あの面倒くさい連中なら気があったんだろうな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    「さいぼし」検索してみた。馬肉だね。
    今度機会があったら買ってみる。
    ちなみに和太鼓の革は牛を使う。鼓は調べたら馬の革だった。

    何となく気分の悪い今川家臣のエピソードだけど
    現代でもありそうなハラスメントでリアル。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6さん
    徳川家だと織田家から何か言われて送り返されたり、仕官を妨害される可能性があるかと?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    三河衆にとって気が合うとは息をするように口喧嘩する関係になることなので、
    なにかしら不愉快な目にあうことには変わりないような気がする。
    ただ一人で討死することはなかっただろうなとも思う。周りが何だかんだ張り合ってくれるから。

  10. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    利家の弟とか信長の小姓連はたしか家康の元に逃れて復帰を望んで三方原に参戦して死んでたよね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    今川家→駿河遠江の大企業
    徳川家→立て直し中の中小企業

    今川家の方がプライド高くてイジメとか陰湿そう。
    徳川家はややこしい連中多そうだけど、何やかや仲間として受け入れてくれて多少の軋轢は有っても何だかんだ上手くやれそう。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    >>多少の軋轢
    三河者の気質が多少・・・だと?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11012-e180be09
この記事へのトラックバック