FC2ブログ

大将の旗、纏、馬印

2017年10月28日 12:02

204 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/27(金) 23:28:17.57 ID:QPdRFwSZ
大将の旗、纏、馬印などというものは、高く遠くからも見えることに利がある。
これは相印となり、将の下知がよく届くためである。

豊前の城井一揆の時、その谷口に戦術上良い地形があり、その山を取れば利があり、取られれば
不利になるものであったので、黒田長政はこれを見て取ると、宵より物見をかけ、この山を占拠するとし、
そうして山に備えを段々と上げた。

ここまで城井の兵は全く見えなかったので、さては黒田勢に辟易して退去したかと、各々喜び
緊張が緩んだ。

その時、城井の馬印である赤い吹抜が突然現れた。
黒田の兵はこれに驚き、「唯今足元よ敵が出たり!」と混乱し敗軍した。

この時黒田の機は、行列の時のように長く立ち備えていた。これが進みながら敵と遭遇したため、
旗を立て直すことが出来なかったのである。
先の方からは「旗を立て直せ!」と下知があったが、旗奉行はこの命令を聞き入れなかった。
「その時間が有るからと言って、もし立て直すようなことをすれば、むしろより早く
軍が崩れます」
という理由であった。

賤ヶ岳の戦いで、秀吉の金の纏が出て佐久間玄蕃の兵たちが気を失い、小牧にても家康の扇の纏が出たことで
敵軍気を失い、関ヶ原にても家康の纏が突然現れたことで、石田三成は大いに驚き謀を失ったと言うが、
これらも同一の事例であろう。

(士談)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    真田丸でも大野治長が旗印もって帰城して、前線の士気崩壊した描写あったな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    不意を突かれて平常心を失う現象を「気を失い」と表現するんだな
    言葉の響きからたおやかに失神する鎧武者の集団を想像して草

  3. 人間七七四年 | URL | -

    母里・又兵衛「大殿ならあのような油断はなさらなかった」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    氏にこそしなかったものの、趙括みたいやなMGMS

  5. 人間七七四年 | URL | -

    城井谷一揆で長政の旗奉行をしていたのが百戦錬磨の豪傑竹森次貞さん
    彼が殿軍に着いて巧いこと旗印を操作したおかけで全滅を回避出来たらしい
    不用意に旗印を倒してこき下ろされる人ではないので使い方も大事なのかと

  6. 人間七七四年 | URL | -

    米4
    趙括も生きながらえていれば秦将を寝返らせていた可能性が微レ存…?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    眼前で油断するとは。しかも未だ備え中とは言え、城井勢より上方にいるのに
    易々と攻め上られるなんて駄目すぎ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    えっこれって山占拠しようと細い山道登ってる途中で脇なり前なりから突然奇襲された話では

  9. 人間七七四年 | URL | -

    8
    その山を取れば利があり、取られれば
    不利になるものであったので、黒田長政はこれを見て取ると、宵より物見をかけ、この山を占拠するとし、
    そうして山に備えを段々と上げた

    「唯今足元よ敵が出たり!」と混乱し敗軍した。

    この時黒田の機は、行列の時のように長く立ち備えていた。これが進みながら敵と遭遇したため


    占領の最中と取るか、占領後と取るか?


    気が緩んだの文言読む限り、占領が進んでいたとは思うんだけどなぁ

  10. 名無しさん | URL | -

    どこにいても兜の庇のせいで居所がわかる話じゃなかったか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11013-4b8ca1f4
この記事へのトラックバック