FC2ブログ

幸長の筒

2017年10月30日 14:44

357 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/30(月) 02:57:07.97 ID:bVEVxMsI
浅野幸長は、稲富一夢(祐直)の鉄砲の弟子であり、彼の持ち筒は皆、一夢が指示して製造させたものであった。
徳川秀忠から誓書を下され、幸長にこの芸を習わせるほどであった。

この幸長の筒であるが、現代のものとは違い、巣(銃身の筒穴)の悪しき所を直さず、その筒のまま
それに合わせて見当目割(照準)を付けたため、筒ごとに見当目割に位置が違っていた。
また筒も金厚で重かった。
しかし年月をどれほど経ても、筒からの弾道が変わること無く、筒が老けるという事がないので、
故に標的を狙ったり弾数を多く撃つ場合には、この筒に限ると言う人もいる。

考えるに、現代に及ぶほど、実薄くして術(技術)に厚くなる。故に筒を薄くして、軽く用いる事が
出来るようにし、巣の中も加工してこれを直す事で弾道も一定にした。
しかし製造されて年月が経ち、また何度も使用されると、たちまち当たりが当初から違ってしまう。

これは技術を以って直したものであるので、元に返りやすいのだ。
悪しき所があれば少し槌で叩いてその時は直るが、年月を経ると元の悪しき所に返り、
弾数も撃てず目当ても違う。
鉄砲だけでなく何事もみな、この心得が有るべきだろう。

(士談)



358 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/10/30(月) 06:41:24.18 ID:I5yfolQr
>>357
K川T景「ウチのボンクラは叩いても叩いても叩き足りませんでした」

359 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/30(月) 08:37:58.87 ID:VS6wAuNF
現代でも連続射撃する機関銃や精密射撃用の銃は熱で変形して弾道狂わない様に肉厚のヘビーバレル使うんよね

360 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/30(月) 18:25:26.64 ID:PlJHO+9W
K川で通字が「景」…香川氏かな?

361 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/30(月) 20:26:49.95 ID:umVqhRCq
誰も通字なんて言ってないw

362 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/30(月) 23:36:55.73 ID:SbOgUBMk
>>357
???「熱膨張って知ってるか?」

363 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/31(火) 01:03:15.98 ID:1zbY6Qvi
ボケでもなんでもなく素で香川氏の誰だろと思ってしまった

364 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/10/31(火) 05:16:16.35 ID:YhjL3Wh0
KBTIT

365 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/10/31(火) 13:42:58.23 ID:YTm7Djfi
ボンクラだから金玉蹴られて死ぬんだよな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一夢「というわけで人材配置も人の特徴に合わせて適材適所。銃術が得意だからと言って護衛が務まるとは必ずしも言えないのでござる」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    前田利太が「うわはははーこれがわしの筒じゃ、くらえぃ!」と言って小便するシーンを思い浮かべ申した

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    我々の業界ではご褒美です
    のコラ思い出した

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    我々の業界ではご褒美です
    のコラ思い出した

  5. 人間七七四年 | URL | -

    一夢さんはマトが人間だとダメな人なのかもしれない。

    少斎「一夢、このまま撃て!可能性に殺されるぞ!」
    一夢「うああああ!撃てません!」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    肉厚だと変形しにくいから劣化もしにくいというのはわかるんだが、そもそも簡単に変形するほど薄く造る方が間違ってるんじゃなかろうか?

    あと、兵頭二十八が言ってた気がするが、銃は重い方が射撃の反動を和らげて射手の身体が受けるダメージを吸収してくれるから、撃つ人間は反動の痛みがない分だけ射撃に適切な体勢で撃てる、逆に軽すぎると、無意識に身体が反動を警戒して銃身がぶれるとかなんとか。重い銃身にはそっちのメリットもあったのかも

  7. 人間七七四年 | URL | -

    6
    当時は銃砲の黎明期だし、トライアンドエラーと言うか色々試行錯誤したんじゃないですかねぇ?職人さん達が。
    2つ前の槍の話も上田や滋賀と阿波の武士の得物と戦場における思想や工夫が垣間見える話でもありますし。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    銃身命数と、狙撃の、概念があったのが、凄いと思う。
    狙撃兵は現代でも、発射した弾が安定する、銃自体が一定重いものを使う。
    またひたすら撃ちまくる戦いでは、銃身がしっかりしてないと、焼き付きを起こして発射不能になり、最悪暴発する。
    理にかなってるなー

  9. 人間七七四年 | URL | -

    日本の火縄銃て鉄砲不足で日清日露戦争でも、形はそのまま中身は連発式に近代化改装
    されてまで使用されたと言うから、物持ちが良いってレベルじゃないよね?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    TKKGがボンクラなんて必要以上の厳しい期待と愛情をかけられる身内なんて
    てっきり秀包のほうかと

  11. 人間七七四年 | URL | -

    9
    日本の軍事関連て物持ちの良い話がいっぱいですね…
    航空自衛隊のf-4とか…

  12.   | URL | -

    ※6
    重い銃身のデメリットは取り回しの大変さ
    火縄だから装填時のアクション大きいし行軍する時もしんどい

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    ファントムは永遠に不滅なのです
    ま・アレは予算とか後継機の選定が諸々の理由で進まなかった結果ですからね
    その勇姿が見れるのもあと少しだ

  14. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ファントム爺さんか
    俺は猫が欲しかったなあ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    アメさんもB-52とかU-2とか使える物は原型機が60年前でも改修して使っているよ。でまだ後2,30年は使うらしい。
    M1戦車になんかは冷戦期に造り過ぎて、新型造ろうとしたら議会から余っている奴改修して使え!て言われて使っているからな。サウジにも改修したとは言えぼったくりみたいな価格で中古売りつけてるし。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    少し槌で叩いてってあるから残留応力じゃないか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11016-90173072
この記事へのトラックバック