FC2ブログ

武田左吉の子

2017年11月03日 20:57

217 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/02(木) 21:10:59.46 ID:j17J6I/M
織田信長足利義昭を戴いた上洛戦の時、近江北郡にて坂井右近将監の子である久蔵が、この時わずか13歳にて
鑓を合わせ、彼の働きに義昭ならびに信長より感状が与えられた。
その頃、武田左吉という者の子も同じ13歳で、信長の側に仕えていたが、久蔵の振る舞いを羨ましく思った。

信長は入京すると、京より青龍寺、山崎あたりに退いていた三好勢を続けて攻めた。
この時、武田左吉の子が一番に、三好の陣へ馬を入れた。彼は敵との距離が良い所で馬より降りて
闘おうと思っていたが、其の身、未だ幼く、また馬は癇が強く逸っていたため、降りること出来ず
そのまま敵陣の中に引き込まれ、討たれた。
志は猛しといえども、本意無きことである。

武田左吉はこの他に子が無く、後に土方彦三郎という者の弟を養子とし、その者は武田宮内と名乗った。

(士談)



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    何時の時代でも身の丈に合わないことをしようとする人は大概失敗するものだね
    戦国の世の場合はそれが死に直結か、平和ってやっぱり尊いと実感する

  2. 人間七七四年 | URL | -

    何そのスタント失敗みたいな死に方…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    父親の武田左吉は、永禄5年(1562年)くらいから信長の奉行として名前が見える人なんだけど、文官つーか、吏僚なんだよね。
    武士はたとえ能吏で仕事出来ても、武功無いと軽く見られるから、いろいろ苦労があったかもしれんね。
    年からしても初陣ぽいし、いろんな事考えちゃう逸話だね。

  4. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    吏僚からの華麗な転身というと清正か

  5. 人間七七四年 | URL | -

    13歳というと今なら中学生かあ
    軽率が服着て歩いてるような年ごろではある

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11021-98feff33
この記事へのトラックバック