FC2ブログ

特に動揺はなかったという

2017年11月25日 15:27

451 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 14:01:56.38 ID:JplSg2Nq
関ヶ原で東軍が勝利した後、近江佐和山城を筑前中納言小早川秀秋、小川(祐忠)、朽木(元綱)、
脇坂(安治)などに、城の請取が命ぜられた。
諸手面々が取り囲んで攻めたため、佐和山城では持ちこたえる手段無く、各々自害して天守に
焼草を入れ置き、発火のための鉄砲の火薬2,3石ほどを入れた。

この時、櫓の防衛に当たっていた手の足軽大将の元にあった火薬に、どうしたわけか火がうつり、
櫓ごと爆発した。
爆発の衝撃と黒煙のため、そのあたりでは目がくらみ敵味方の見分けもつかぬ状態となり、
攻め手の中の、とくに若い者たちは不覚にも崩れ、その不名誉は後に人の口に上ったという。

この時に懲りた故か、その後天守に火が付き、火薬のため爆発したが、特に動揺はなかったという。

(士談)



452 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 15:05:58.50 ID:fRRJNyEY
鳥羽伏見の戦いで大坂城がほとんどもぬけの殻になった後
民衆が略奪しまくってたら城が爆発炎上した、て話を思い出した
某司馬遼太郎作品では薩長軍はそれを見越して後で悠々と城入りした
てことになってたけど、本当だとしたらこういう話を知ってたんだろうか

453 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 15:11:15.31 ID:b86Bif5A
幕末までは日本人もちゃんと略奪とかしてたんだな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    田中吉政は含まれないんだね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    長州はその前に小倉城や浜田城も落城させているし
    敗軍が退去時に火を掛けるるのを知っていて踏み込まなかったんじゃないかな?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    勝沼の戦いで、近藤勇率いる軍隊が官軍と戦った時に大砲を撃ったけど、弾が坂道を転がっていた。って逸話を思い出した。冷静を装ってるけど、動揺したかもね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    赤座さんがいない
    影が薄くて参加したのに気づいてもらえなかったのか
    そもそも佐和山城攻めに参加していなかったのか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >赤座さんがいない
    >影が薄くて参加したのに気づいてもらえなかったのか

    \アッカリ〜ン/




    あの漫画、関ケ原リスペクトだったのか?

  6. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    幕末はまだドキドキ戦国ランドの気風を継いでるからね
    鳥羽伏見の橋本で敗れた旧幕府軍のうち、大阪城に入らなかった連中が逃走経路の村々で非組織的に略奪したもんだから、
    ブチ切れた農民が竹槍で武装して、何処そこの村で一人殺したとか二人殺したとか記録が残ってる

  7. ※2 | URL | -

    >>佐和山城の戦い
    結構詳しく書かれていない気がしますね?有っても逸話も含まれている物が多くて、本当にそんな展開
    だったのかが疑問も沸きます。

    >>他のサイトさん
    「戦国浪漫」
    ttp://www.m-network.com/sengoku/sekigahara/sawayama.html
    「しばやんの日々」
    ttp://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-433.html

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ↑名前間違いました

  9. 人間七七四年 | URL | -

    久秀「どうしたわけか茶釜に火がうつり」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11057-33a46ada
この記事へのトラックバック