FC2ブログ

高櫓は爆発しはじけ飛んだ

2017年11月27日 18:49

340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/11/27(月) 18:45:31.90 ID:U5xmHEcL
柴田勝家の軍が加賀一揆勢との戦いを繰り広げていた頃のこと。
加賀国二曲という城、現在は別宮と呼ばれているが、この地は吉原二郎兵衛という者の
領地であった。
ここに一揆の者共集まり、夜中にこれを攻めた。

しかし城方はよく持ちこたえ、敵勢を押し返そうかという時分、城中の高櫓の上から
鉄砲を撃たせていたが、ここの足軽大将は、腕に火縄をかけた状態で鉄砲を撃たせていた。
そして火薬を継ぐ時、火薬箱に火が入り、高櫓は爆発しはじけ飛んだ。

城中は衝撃と黒煙で取り乱し、寄せ手はこれに利を得て、夜明け頃ついに城を乗っ取り、
吉原に腹を斬らせ、城内の土蔵を開けて尽く略奪に及んだ。

このような時に、二曲落城を知った千代城の拝郷五左衛門(家嘉)が駆けつけ
一揆勢を攻め立てた。

一揆勢は略奪の最中の、突然の攻撃に驚き、略奪物を捨てて城の後ろの切所へと落ちた。
拝郷は逃げる一揆勢に追撃をかけ大いにこれを破った。

ところがこの一揆勢の中に一人、才覚のある者がいて、棒に白手ぬぐいを結びつけて山に立て置き
引き上げた。拝郷はこれを見て、伏兵があると判断し、長追いに及ばなかった。
その間に一揆勢は危機を脱して、つづら折りの山路を退くことが出来た。

(士談)

余談だが劇画『子連れ狼』の主人公・拝一刀は、この拝郷家嘉のひ孫という設定であるという。



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    弾正「櫓が爆発四散したと聞いて」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    拝郷家嘉って8万石の大名だったんか
    福島正則も1小姓としてはチョット例のない大功だな
    5千石貰うし七本鎗って一纏めにしてほしくないわなw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    本当は凄い実力だけどマイナーな武将が出てきてくれる逸話は有り難い

  4. 人間七七四年 | URL | -

    足軽大将「アイエエエ!?」
    吉原「グワーッ誘爆!グワーッ!」
    ウカツ!追い詰められ必死とはいえ火縄を持ったまま火薬箱を開けるとは!
    哀れ足軽大将は高櫓もろとも爆発四散!「弱ってきたらさらに棒で叩く」とはこのことか!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    その流れでいくと攻め寄せた一揆勢はイッキウチコワシだったんだな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11059-364a005f
この記事へのトラックバック