FC2ブログ

こうすれば地下人共が立ち上がり

2017年12月12日 18:09

405 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/11(月) 20:28:20.92 ID:I55SSOBF
豊臣(小早川)秀秋が関ヶ原の後、家老の歴々を成敗ありし後に、何某とかいう大身の者、
家を立ち退くことがあった。
白昼に、妻子を引き連れ弓鉄砲で前後を固め立ち退いた事に、秀秋は以ての外に怒った

「白昼に城下を、あのような体で引き払わせるとは武家の恥辱である!急ぎ討ち取れ!」

しかしこれを、家老の松野主馬が諌めた

「彼らのような僅かな人数が立ち退くのを成敗するのは、何より易きことです。
しかし殿は前々に、誰々を御成敗されましたが、これについて世では然るべからざる事だと
取り沙汰しています。であるのに又彼らを害せば、人々からの批判は止まらなくなるでしょう。
ただ、黙って捨て置くべきです。

ですが、どうしても害するべきであると言われるのなら、私は人数を持っていませんが、
申し付けて討ち取ります。」

秀秋は不思議に思った
「汝は彼らを打ち取る人数を持たぬのに、どうするというのだ?」

松野は申し上げた
「これより町人在々にこう触れ回します。

『落人あり。討ち取って衣装をはぎ道具を取れ。それらは全て下される。』

こうすれば地下人共が立ち上がり、即座に討ち取ることでしょう。
どうしても彼を討ち取ると決心されるのであれば、御手を下されずともこの謀にて討ち取れます。
結果として同じことですから、小さな違いは気になさらないべきです。」

これを聞いて秀秋も心和らぎ
「私の落ち度にならないということなら、かまわない。」
と許可した、結果松野の考えた通りとなった。

(士談)



406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/11(月) 20:41:04.06 ID:0s4pVCV4
松野主馬って関が原の時に「裏切りなど恥である」って戦線離脱してそのまま立ち退いたのだと思ってた

407 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/11(月) 20:53:27.12 ID:R8XTGHbK
>>405
許可するんかい!

408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/11(月) 22:24:45.14 ID:e+ZOOM01
>>405
金吾の小物っぷりっぽい逸話

409 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/12(火) 13:38:13.00 ID:2OqDdFQV
何?、元家臣が追い剥ぎや盗賊にあって殺害されただと!
きっと宇喜多の残党だよね、大義名分得たし討伐すっか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    まあ主人の保護を捨ててしまうんだから確かに落人と言えば落人か…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    しかし小早川も、同時代ですらここまでボロクソに貶されている辺り
    近年取りざたされている、関ヶ原開戦時には既に東軍入りという事実
    にも関わらず擁護できんものがあったのかねえ・・・

    まあ、小早川自身が早期に改易されてしまったことで、都合の悪いこと
    の押し付け先にされたのかねえ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    小早川秀秋=村田修一
    立花宗茂=新井貴浩

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2 そういや最近、石田家の子孫が小早川家の子孫と和解したとかいうニュースがありましたが、特に小早川家の子孫の方は先祖をどのように思っておられるのやら。歴史上の人物の再評価の流れで名誉回復がなされるとよいですが。
    再評価しようにも無理なものは無理って事もありますけども。

  5. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    ※2
    そもそもその既に東軍入りにしたって、当時の人からして金吾殿裏切りの由って書きまくってるし
    東軍だった彦坂元正の書状でも裏切りって書いてあるし
    そもそもどの辺の人に東軍だと認識されてたのか分からんことにはな
    仮に一部の当事者だけでそう言う認識だったとしても、それ知らん周りから見れば普通に裏切りやで

  6. 人間七七四年 | URL | -

    小早川隆治さんは毛利家が明治に再興した小早川家の人だから、どうして秀秋の子孫としてコメントしたりイベントに出たりするのかよくわからない。
    血縁もないし家系も直接繋がっていないのに。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >>裏切り
    そもそも「誰から見ても、この人裏切りの密談しているでしょ?」って分かる状況作ってどうする?
    「誰から見ても、あの状況で大谷隊を襲った事実」だからこそ、小早川隊の存在が生きるんでしょ?
    露見している時点で裏切りにすらならない。

    なのにココですら裏切り=悪者的な扱いをする人がいるのは歴史ファンとしては少々情けが無いと思うわ。
    他の人達が「小早川があの時に裏切ったんだ」と残したり言われるのは、本来なら大成功だ。
    一部の人達以外からは、誰からも知られなかったからこそ裏切り工作。
    これこそ、工作の仕掛け人達の仕事が確かだった証だ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    秀秋の庶子の子孫らしい土肥家から隆景の木像が出て三原で展示もされたんだけど
    通説と違って義理の親子としてちゃんとした付き合いがあったらしい>秀秋&隆景

    関ヶ原後に秀秋に対して家康が55万石出したことを額面通りに考えれば
    少なくとも徳川家は裏切りとは思わなかったとするのが自然では>再評価

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    このサイト(元板)に出入りしているなら名家なんて養子がスポスポ入ったり断絶復活がよくあることぐらい分からんわけあるまい。上杉なんて謙信と何の血のつながりもないし真田や黒田だってそうだ。でも、大河ドラマなりなんなり有ったら、現当主として受け答えするだろ。それまで突っ込んでいるのか
    養子として家を継ぐってのはその家の歴史をも継がにゃならんぐらい分かってくれよ。そこいらの家のように親の面倒見る為に婿入りした養子と違うんだから

  10. 5 | URL | -

    ※9
    名跡を再興するという理屈はわかるけど、小早川家の場合秀秋の死から再興までの250年以上が空白だから・・・。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    後小早川氏だよなw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    逆に「関係ないです、血もつながってないし」なんて当主が言い出したら再興した意義がなんにもないやん

  13. 人間七七四年 | URL | -

    再興したもん勝ちだな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    >>徳川家は裏切りとは思わなかったとするのが自然では
    そりゃそうでしょ?吉川・脇坂だって通款を明らかにしている状態での行動だから許されてる。
    秀秋だけが裏切り者扱いするのは有り得ない。(小川は内応しても通款しなかったとして咎められたが)
    ここで秀秋が裏切り云々って件は、他の人達から見たらそうだって話し。

    どう考えても合戦前から東軍側に付いていたのは当たり前。
    でなけりゃわざわざ山から味方追い出してまで陣取らんよ。
    出陣が遅れたのも濃霧の影響がって逸話もちゃんとあるんだしさ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    「敗者から見た関ヶ原」という本でも、小早川隊は第3勢力的な扱いで西軍からも味方とは見なされておらず、最終的に東軍側についたのが勝敗の決め手となった。
    という具合に紹介されていて、そもそもどちらの側も裏切っていないという見方だった。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※10の名前欄は5じゃなくて6なので一応訂正。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11081-5fbf3926
この記事へのトラックバック