FC2ブログ

敗走した後、残された兵卒はどうなったか?

2017年12月22日 17:41

417 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/21(木) 21:58:50.88 ID:JNQX2C1W
天正十五年正月十九日、島津修理大夫義久は戸次川合戦についての弁明および
秀吉への恭順の意を示す書状を豊臣秀長および石田三成に寄せた

先年冬、互いに使者を指し登せ友誼を定めようとしたところに
かくの如くも首尾(戸次川合戦)となってしまい
急使を得て追って飛脚を申し付けいたします

そもそも大友家が他邦と連合し、こちらに攻めてきたのは歴然たるゆえ
分国および日向の境まで発足いたし、防ぎ矢として軍勢を差し向けたところ
仙石殿・長宗我部殿が義統と一致をなされたため、両将に対し

「この度の御下りは関白殿下の御下知であろうが
 当家は大坂に対して毛頭も逆心を構え存ぜざる上は、何卒御引き取りを願いたい」

と申し上げたところ聞く耳を持たれず、我らに攻めかかってこられました
異議に及ばず一戦して勝利を得たものの
敗北した豊後勢が、仙石および長宗我部勢に紛れ区別できなくなり
結果的に数千騎を討ち果たす事になってしまいましたが
これはもとより本意ではありません
しかしながら、我らの間に疎隔が存じていないのは
合戦後、府内において、京・四州の士卒が難儀のところを
我が弟、中務少補家久が大船三・四艘程も調達し
彼らを送り出したことを持っても明白であり
これを証しとして、何卒秀吉公へのお取り成しをお願い申し上げます

(合伝流闘徴禄日本戦史)

軍監が供回りのみを連れて敗走した後、残された兵卒はどうなったか?
という疑問に対する答えが書かれた書状である
当時仙石家にいた後藤又兵衛や庄林一心もこの船で帰ってきたのかも知れませんね



418 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/21(木) 22:59:32.94 ID:7a3MXH0t
ちょっとイラッとしたから数千人ぶち殺したけど冷静になったらやべーわってことで船を何艘か用意したんで許してくれやってことか
さすが鬼島津無茶苦茶やんけ

419 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/21(木) 23:14:18.95 ID:Q69eCTkr
何を普通だと思ってるのか知らんがどういう解釈だ

420 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/22(金) 07:50:28.68 ID:PM/fY5US
鬼は鬼畜の意

421 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/22(金) 08:34:01.60 ID:q+zFI8EU
お手紙でなんとかしてしまう引きこもり長男最強やん

422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/22(金) 09:46:11.23 ID:qpbVehiP
形に残るものでは相手をなだめるのが基本かと
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    つまりアレか
    数年前にロシア軍がソマリア海賊の捕虜をゴムボートで故郷に帰した様に島津も同じことやってたと(適当)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    あれは故郷にっていうか海の底に返したんだと思うんですけど(名推理)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「誤チェストにごわす」

    マジで言ってたのか島津ェ・・・

  4. 人間七七四年 | URL | -

    当時はケンカですらイコール果し合いってな時代だから、相手を思い留めることが
    イコール討ち果たすことでも、もはや不思議とも何とも思わんわ(小慣れ感)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >敗北した豊後勢が、仙石および長宗我部勢に紛れ区別できなくなり
    >結果的に数千騎を討ち果たす事になってしまいましたが

    えらく豪快な誤チェストだなおい

  6. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代ってのは、こんな内容の文章を堂々と送れる神経の太さが無いとやって行けないんだろねw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6殿
    戦国時代じゃなくても神経が太く無いとやって行けないと思う。
    (生麦事件の後幕府に薩摩藩が送った弁明を見つつ)
    真田丸をまだ数回しか見てないけど真田昌幸ぐらいの
    性格をもってしても激動の時代を生き抜くのは難しいのだなと・・・

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この戦いで水野勝成さんは無事に帰還したね
    逃げる仙石を斬りつけそうになると思ったが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11095-7a56920e
この記事へのトラックバック