FC2ブログ

事が多聞に漏れては大功成りがたし

2018年01月12日 17:31

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/01/12(金) 16:25:20.74 ID:/jyzK9dg
宮部善祥坊(継潤)は、元々近江国宮部の者であった。この宮部は比叡山領だった所であり、
でおよそ三千石、当時この善祥坊を含め3人が領していた。堀氏もその一人であった。

善祥坊は浅井氏にに仕え、堀などと共に織田信長への押さえとして置かれていたのだが、
心変わりして信長に通じた。

しかし、宮部は前々から浅井より疑われており、信長に通じたことを知られれば、浅井によって
妻子尽く殺される事確実であり、家臣の友田左近右衛門を遣わし、早々に宮部より引き取らせるよう
命じた。

この時友田は「御証文を遣わさねば、ご家族は同心して頂けないでしょう」と申し上げると、
善祥坊「そういう事ならば、かねて合言葉が決めてある。この合言葉を言って聞かせよ」
そう言い付けた。

友田は急ぎ宮部に向い、善祥坊の家族をここより引き取ることを伝えたが、案の定
同心してもらえなかった。そこで合言葉を出すとたちまち同心し、妻子を問題なく引き取った。

この時、友田は父の家の前を通ったのだが、行く時も帰る時も父に告げることはなかった。
行きに告げなかったのは、大事の使いの故であり、帰りには知らせようと思ったのだが
事が多聞に漏れては大功成りがたしと考え直し、知らせることを止めた。

その翌日、小谷より未だ浅井の軍勢の向かわない内に、織田家の軍勢が宮部村を接収したため、
宮部の人々には別状無かったという。

(士談)



580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/01/12(金) 18:29:27.36 ID:jf5269Wz
>>579
合言葉が気になるじゃねーか!
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    そら教えられませんわ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    元就「友田とやら自分の父も信用出来んとはのう」

  3. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    直家「家族くらい信用したいものよのう」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    信幸「いやぁ…信用出来る家族ならば言いますけどね…」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「マジつれーわー信用できんの死んだ弟ぐらいでつれーわー」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    信長「ウチの長男は親馬鹿かもしれんがまぁ、それなりに親孝行だったわ。長男は」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11123-15129368
この記事へのトラックバック