細川幽齋覺書より、取った頸の扱い方

2018年02月12日 18:15

631 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/11(日) 21:54:07.70 ID:bA4eZOJj
一、合戦において頸を取った時、自身はその場に残り、頸は家臣などに持たせて主君へ遣わすのだ。

一、「頸をとっても捨てて、耳鼻だけ取るように」と大将より下知があった場合、鼻とともに
  唇を削いでおくべきだ。髭が無ければ女・童とまぎれてしまう。しかしながら若年の者は髭が
  無いので、その場合は何かその者の道具を取っておくと良い。

一、母衣武者の頸を取った場合は、その頸を母衣きぬにて包むのだ。通常の武者の場合は指物絹にて
  包むべし。ただし、こういったことも忙しいときには出来ない。そういう隙がないと判断される
  場合には、その討ち取った者の刀脇差しなどを取って、その頸に刺しておくとよい。

一、取った頸の耳に紐を通して持ち運ぶ者を見ることが有るが、それではおおかたちぎれ落ちてしまう。
  紐を口から顎に通して取り付け、これを馬の脇につけて運ぶのがよい。

(細川幽齋覺書)

細川幽斎の覚書より、取った頸の扱い方について



632 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/12(月) 00:17:34.05 ID:3ZUmUOeV
庭師の首はどう扱えば良いんだろ?
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    淡々としてるのがかえって血なまぐさいな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    エリートが冷静に生首の扱い方を解説してるって恐ろしいな
    まあ乱世の時代・地域ならこんなもんなんだろうけど

  3. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    なるほど、首を運ぶ時は口から顎に紐通せばええんやな
    これで首取った時も安心だわ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    バンデットで何か見た覚えが……

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    遅ればせながら通報した

  6. 人間七七四年 | URL | -

    現代の軍隊のマニュアルと同じ様に文章で残してるのがリアルだ
    一連の行動を戦闘中に行わなければならないのか

  7. 人間七七四年 | URL | -

    っ 笹

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11160-47cbf5e9
この記事へのトラックバック