FC2ブログ

那須神社 御由緒

2018年02月15日 15:51

638 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 16:16:25.84 ID:G4VisRUK
その千石で兵士を養うんだから問題ない
戦巧者が育てりゃ強いだろ
千石の価値は出る

639 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/14(水) 18:08:08.77 ID:4cURkP3I
栃木県大田原市の那須神社に行ったら、こんな由緒書が掲示されていた。
地元の大田原市民にとっては大関高増は神への崇敬の厚い立派な殿様なんだろうな。
ttps://dotup.org/uploda/dotup.org1463195.jpg
1463195.jpg

那須神社 御由緒
第十六代仁徳天皇の御代下野国造奈良別命が国家鎮護のため金瓊(黄金の玉)を埋め塚を築き祠を建て
天照皇大神 日本武尊 春日大神を祀ったのが濫觴と伝えられています。
(中略)
中世那須氏がこの地に勢力を広げ那須氏代々の氏神とし崇敬厚く特に与一宗隆ゆかりの社で四国屋島において扇の的を射る時
当社八幡大神湯泉大神を中心に念じ名声を添加に博したので社殿を再建し神意を慰め祭った。
その後大関氏那須氏に代わってこの地を領する代々の城主大関家の氏神として尊崇殊の外深く中でも
大関高増清増始め累代の城主しばしば神殿を再建修繕して今日に至て居ります
現在の楼門並び本殿は寛永十七年大関高増社殿の大修繕に成るもので昭和三二年八月本殿並楼門外栃木県重要文化財に指定された貴重な建造物であります
(中略)

平成二一年九月吉日


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    領民を慰撫する為には宗教を大切にしないと誰も付いてきてくれませんしね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    大田原一族は民に優しい印象

  3. 人間七七四年 | URL | -

    確か古代はその国(令制国)に有る大きな社寺の祭礼てその国の国司が出ていたらしいですね。それが中世になると武士(守護辺りだったと思う)が行う様になったとか。
    だから領主となった高増さんがその領地の社寺に寄進するのは支配の正統性を担保する為には当然みたいですな。
    氏綱さんも鶴岡八幡宮再建したのもそうだったかと。北条氏だけでなく関東の諸侯にも勧進求めて、北条氏が関東の支配者で有ると認めさせ様としてますし。

  4. 人間七七四年 | URL | nLnvUwLc

    千石の価値あるよな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    貴重なきれいな大関

  6. 人間七七四年 | URL | -

    大関みたいな小物の名前なんて出さない方がマシなんじゃ…
    この神社あんまり歴史のこと詳しくないのかね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    はぁ、歴史に詳しい方は言わはることが違いますなぁ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    主を裏切って大名になった屑に保護された神社ですってちゃんと書かないとな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    主を裏切って大名になった人って誰かなあ?
    たくさんいるからぼくわかんないや。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    大関アンチはさすがに草
    那須家と愉快な仲間たちも有名になったなあ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※6とか※8とかを見るに
    最近の若い子は
    ネット上で「黒い」とか弄られてる戦国武将を
    本当に暴君で暗君で世間から嫌われてるとか思っちゃうのかな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    一応突っ込むと
    この記事の大関さんは大田原三兄弟の大関さんじゃなかったり
    寛永17年とあるし
    それの曾孫の同名の黒羽藩主だね

  13. 人間七七四年 | URL | -

    なお最近地元の郷土史を見ていたら
    那須氏の家臣を
    その曾孫の方の大関高増が後に召し抱えてて

    その後の家臣の子孫が
    那須開拓に関わった人物だった話を見つけて繋がってるんだなって思った

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ああ、大関高増清増で語られてる方のは初代の方か
    米12の指摘は正しくなかったわ
    ちょっとそちらは訂正

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11165-60ef6621
この記事へのトラックバック