FC2ブログ

両大将の御軍法

2018年02月18日 19:04

650 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/18(日) 18:31:02.46 ID:dR3J4lSy
一、信長様の御軍法は、敵と成った者は、その子々孫々までも討ち果たし、その跡まで
  掘り返すほどに厳しくして、天下を治められた。内裏の修理など仰せ付けられ、王法の
  衰えたのもお取り立てされ、その後仔細あって、上京の騒ぎを払うとして、京の地子を
  御免になられた。万事において賞罰を正しく仰せ付けられた故に、万民に至るまで、
  その仰せを奉らないという事は無かった。
  ではあったが、一度敵対した者は、詫び言を申し上げ旗下に付いても、お心を許すこと無く、
  御憎み浅からず、故に謀反人が多く出た。こういう時は、強いだけではどうにもならないものだ。

  こういった事を太閤様(秀吉)はよくご覧になっており、敵対した者へは厳しく申し付け、
  これに対し詫び言申し上げ旗下と成れば、御譜代同然に懇ろに心を開かれた。是故に、昨日まで
  敵対していた者でも、身命を捨て忠節を致すべきと考え、故に謀反人も無く、早く天下を
  治められたのだ。

  両大将の御軍法はこのように裏腹に違う、この心持ちは、小身の召使の者にも心得あるべきである。

(細川幽齋覺書)



651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/18(日) 18:57:18.66 ID:cegVxge2
秀頼シフトを敷かなければ豊臣政権は続いたのだろうか?

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/02/19(月) 15:28:24.75 ID:TRb3+EFk
>>650
信長のほうが寝返りに甘い印象あるけどなー、細川の処世術かな

>>651
秀吉死後に秀次派と秀頼派で関ヶ原なりそう

653 名前:人間七七四年[] 投稿日:2018/02/19(月) 15:41:39.50 ID:jY3t1EHB
>>652
「信長と消えた家臣たち」って本を読むと細川幽斎の気持ちが少しわかるよ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    息子の三才様は死ぬまで信長尊敬してたが親子での感想の違いが大きいな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    力だけで人の心は治まらんってことかね。
    しかし、これはどっかで聞いた秀吉の信長評にそっくりだな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    温情だけでも恩知らずがいる限り治まらないことが太閤の死後に分かりましたね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    王道はねーな。その時々の為政者の好みがあるだけだわあー

  5. 人間七七四年 | URL | -

    信長は甘いが、完全に見限ったときには徹底的にやる印象
    秀吉はその点。「信長との差」を意図的に出した感じはする

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    信長「超えちゃいけないライン考えろよ」
    ってことか。

  7. 人間七七四年 | URL | -



    >>>651
    >秀吉死後に秀次派と秀頼派で関ヶ原なりそう

    「わんぱく関白」っていう主人公が戦国知識もったまま秀次に転生したweb小説思い出した。
    クライマックスがまさにそれ。
    けっこう面白かったしちゃんと完結してんのになぜか商業化してないのな。

    #す、すてまじゃないぞ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まあ幽齋覺書に書かれた秀吉はフィクションだよなぁ
    九州、東北では雑な仕置きのせいで謀叛人続出状態だったし
    「上方(京儀)は信じられない」とか書かれちゃってたからなぁ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    これはちょっと意地悪な比較だと思う。信長の状況と秀吉の状況って違うやん。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    「※幽斎様個人の感想です」という前提で考えた方がいいと思う
    絶対的な上司だった信長相手と、場合により相談役だった秀吉相手じゃ印象が違う

  11. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    ※8
    検地反対一揆とお家騒動発展形の九戸を除けば、裏で糸を引いていた人が
    おっと来客かな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    幽斎自身が「一度敵対して、詫び言を申し上げ旗下に付いた人」なんだけどw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11168-99403d04
この記事へのトラックバック