FC2ブログ

南総の友情

2018年03月19日 17:27

707 名前:人間七七四年[] 投稿日:2018/03/19(月) 15:09:10.97 ID:pGLzIasn
有名な話だけどまとめサイトの方に地元の話題があまりなかったので。
初投稿なので作法がなっていないかも知れません。ご容赦ください。

南総の友情

天文二年(1533)、一人の若き僧が安房の保田妙本寺にやって来た。
僧の名は日我。日向に生まれ六歳にして三河阿闍梨に教えを受け、二十代の若さで妙本寺の代官に任じられた秀才であった。

やがて日我は日蓮崇拝の気風が強い安房にて深い尊崇を受けるようになり、ついには妙本寺を継いだ。
そして同じ頃、安房ににて頭角を現した者がもう一人いた。天文の内訌の勝利者となり安房里見氏を掌握した里見義堯である。
二人は出会うと互いに感銘を受け、尊敬し合う仲となった。
当時義堯は三十歳、日我は二十九歳であったと言われる。

古の義舜の治世を夢見たとも言われる義堯は学徳深い日我を謂わば政治顧問の様に頼り、その助言によく耳を傾けたという。
また日我は寺領を前線基地として里見氏に貸し出すなど、二人は二人三脚でその勢力を拡大していった。
だがたった一度、日我の進言を義堯が退けたことがあった。相模の北条氏康が日我を通して義堯に和睦を持ちかけたのだ。
「日我上人の申し出でもそれだけは受け入れられぬ」
義堯はそう言って断ったが、その後も二人の交流は途切れなかった。

月日は流れ天正二年(1574)六月一日。その半生を北条との戦いに投じた安房の狼、里見義堯は泉下の人となった。
日我と義堯の出会いから四十年近く経っていた。
里見氏の門派は曹洞宗であり、当然義堯も日蓮宗に帰依はしていなかったが、日我は願い出て義堯の百日法要を行った。
百日間の読経の後、日我は友の為に歌を詠んだ。

隔つとも 心の空に 照る月の 光は同じ 眺めなるらん

二人の眺めた光とは房総の安寧か尽きることなき野心だったか。
幾度北条に大敗しても立ち上がり続けた義堯を日我は「関東無双の大将」と述懐したという。



708 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/19(月) 15:34:31.80 ID:3GoBRh6O
古の義舜って佐竹義舜のことか?
また里見らしい中途半端な目標だなw

709 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/19(月) 15:42:38.16 ID:dxw5TKgB
「堯舜の治世」の間違いじゃないの?

710 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/19(月) 16:38:47.11 ID:DgvlYfoX
>>708
いや君の洞察力もなかなか中途半端w
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    家督を簒奪した上にその家督簒奪の手伝いをしてくれた北条を裏切って更には北条領の漁民や農民から搾取しまくってたゴキブリ野郎、里見
    友情なんかじゃなくて単に地元宗教と癒着してお互いに利用し合ってただけだろ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    義堯「氏康乙」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    まぁぶっちゃけ下総、上総も押さえてた氏康からしたら安房なんて手を出すだけ兵の無駄になる僻地だから敢えて放っておいたんだろうね
    二回の国府台合戦でも圧勝してるしやろうと思えば里見を滅ぼすくらいなら簡単だったろう
    それをやる価値も無かっただけのこも

  4. 人間七七四年 | URL | -

    下総はともかく、上総については氏康時代の北条が安定支配してたことはないでしょ。

  5. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    能登守だったかな
    義堯が殺した前当主義豊の子供だか弟だかは身分を安堵されてるんだよね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    氏康在世中だと永禄の頃にちょっとあったくらいだよね。
    北上総の安定支配は天正年間に入ってようやくって感じだし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11213-557c1123
この記事へのトラックバック