FC2ブログ

ザビエル道中記、ゴアより・悪い話

2009年01月30日 00:08

946 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 00:55:37 ID:7CN4MASk
宣教師としてインドのゴアに赴いていたザビエル。彼はマラッカやインドでの活動に辟易していた
ポルトガルの兵士達がひっきりなしに告解してくる上にインドとマラッカを頻繁に往復しなくてはならない
おまけにインド東部以外の地域の住民は西洋人には決定的に合わず
部下は布教をサボりインド総督は布教資金をピンはねしていた

(#・∀・)「まったく忙しすぎて布教なんてほとんど出来ないじゃないか!
      部下は働こうとしないし上司は横領してるし現地人は話を聞こうとしないしetc」

布教の情熱は失っていなかったが環境は劣悪すぎた
そんな日々を送っていたときマラッカで日本人のヤジロウという人間と出会う
キリスト教を欲しているらしく試しにゴアで学ばせてみるとみるみる頭角を現した

(*・∀・)「彼いいじゃないか!インド人より飲み込みいいよ!」

日本への興味が湧いたザビエル、日本の情報を集めてみると
友人のジョルジュが日本について調べた手紙をくれた

(*・∀・)「言葉は一つ、好奇心旺盛で理性的か…決めた!僕はこんなところとはおさらばして日本へ布教しにいくよ!」

逃げたくなるのも無理は無いが許可などもらっていない。
もちろん渡航は自分でなんとかしなければならなかったが中国人のアワンが日本への船を出すことになった
この船、実はマラッカ総督が半場強引に出させたようだ
何はともあれこのアワンと日本へ向かうこととなった一行、
ところが突然アワンが直行の航海を見合わせようといってきた

(#・∀・)「ちょっとちょっと、日本に直行するはずでしょ!どういうこと!」
( `ハ´) 「日本の方角は卦の組み合わせがよくないアル。一度中国へ寄航したほうがいいアル」

彼は熱心な道教の信者であった

(#・∀・)「そんなのまやかしだ!さっさと日本へ行ってくれ」

アワンは渋ったが結局日本に直行することになった

が、この占いは当たった
海が荒れ船は嵐に巻き込まれた。
ザビエル一行は無事だったがアワンの娘は海に投げ出されてしまったのである

(#`ハ´)「あんたらが身代わりになれば娘は助かったはずアル!」

娘が死んだ上に航海中に何度も占いや読経ザビエル達に文句を言われ腹が立ったのだろう
いずれにしても険悪な雰囲気の中航海を続けたが一行は日本にたどり着くことが出来た
ところがアワンの不幸はこれで終わらない
彼はそのまま異国の地日本で没してしまったのだ

( ・∀・)「まぁ僕達の言うこと聞かず異教徒のままだったから地獄行きだよね」
とザビエルが思ったかどうか定かではない…




952 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 09:23:11 ID:6Fm8kaM0
加賀乙彦「ザビエルとその弟子」では、当時の鹿児島では、もう
ポルトガル人様御一行、いらっしゃいませ~は、慣れっこだったみたいね。

953 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/29(木) 10:01:27 ID:ZWQNEUgs
ザビエルの目的の一つに既にキリスト教が伝播してるか確認するってのがあったしな
島津の家紋見てちょっと期待したかもね

954 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 10:30:37 ID:HYDYYRks
当時の島津貴久は、全然興味なかったみたい。
鉄砲も日常化してたし、持参したアンジロウの前でぶっ放して的に命中。
名人芸を披露しました。
近衛家や興福寺と縁戚だもんね。
wikiには一旦布教許可だしたけど、取り消したとか。アンジロウがの力で少数の信者を得た。
ザビエルは相当おっちょこちょいで、何も下調べ無し、語学全くダメで日本にやって来て
府内、、平戸、山口、京都ではあまりに身なりが汚いので、上手くいかない。
次いで、この多神教の国に布教するには宗教文化の影響の強い中国を先にせねば、と
中国に密入国しようとして海南島近くの島で、果たせず病死、というより餓死したそうな。

955 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 10:34:05 ID:klIU0rtn
>>946
のちに中国上陸に失敗して病死したのはこの時の祟りかw

957 名前:955[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 11:49:47 ID:klIU0rtn
リロードすべきだった orz

>島津
>興福寺と縁戚
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1216059962/l50

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1158488972/l50
あたりでkwsk

958 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/29(木) 12:46:39 ID:ZWQNEUgs
ザビエルが語学がまったく駄目って言うより日本語があまりにも難解過ぎた
後の宣教師は日本語があまりにも難解なため悪魔の言葉と言ってる

959 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 13:03:48 ID:fH9ZG9MV
日本で最初に外科手術を行ったアルメイダ修道士、大分アルメイダ病院の由来、は
元貿易商人で日本語での会話は堪能でした。
初期上長のトレースは不明。カブラルは全くおぼえる気、やる気も無し。
古株のフロイス、オルガンテーノはかたことでも信長と直接話せたですし、
その後マカオで教育受けた若い連中は皆話せたようです。
ただ漢字を書けなかったでしょうね。

960 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 13:39:16 ID:EAeCEx3y
そもそも慣れてない奴に毛筆で字を書けってのはかなり厳しいな

961 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 13:54:51 ID:MClp2H+P
オルガンテノは最初から親日だったし、フロイスもなんだかんだで
後に肉が食えなくなったほど日本大好きだったからな。熱心さが違ったんだろ。
こいつらは九州や京、界の連中と懇意だったから方言とかまじって大変だったろうなw
九州弁覚えても上方じゃ通じなかったらしいし。さらに信長は尾張弁。
そういえばザビエルは最初、下ネタ系の間違った日本語を覚えさせられて布教さんざんだったとか。

962 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/29(木) 14:55:06 ID:ZWQNEUgs
>>955
その中国人の籤によると日本に着いてもマラッカには帰れないって出たらしいぜ
道教マジパネェ

964 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 15:22:14 ID:AiUUxZJI
>後の宣教師は日本語があまりにも難解なため悪魔の言葉と言ってる
そういうザビエルもバスク(ナバラ)人だったわけで。

バスク語の難解さを示すジョークにはこんなのがある。(Wikiより)
1、神からどんな罰を与えられても全くひるまなかった悪魔でさえ、3年間岩牢にこもってバスク語を
  勉強する罰を課されると神に許しを乞うた。
2、英語のジョークとして、悪魔がバスク人を誘惑するためにバスク語を習ったが、7年かかって覚えた
  のは『はい』と『いいえ』だけだった。
3、バスク人は決して悪魔の誘惑を受けて地獄には落ちない。なぜなら、悪魔はバスク語を話せないからだ。

965 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 15:34:44 ID:jwjz+Cl3
>>961
ミナサン、イチモツヲスクミアガラセテアリガタイカミのハナシヲキキヤガレ

966 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 15:57:04 ID:utbV2Uzo
>>961
外人にとりあえず下ネタを教えるのは今も変わらないな
留学生とかなら大体このパターンだろうし

967 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 16:02:51 ID:klIU0rtn
>>961
>>965
その正しくない下ネタな日本語を教えたというのはやはりアンジローなんだろうかw
ちなみに『フロイス日本史』じゃアンジローのことを「薩摩出身の八幡(「ばはん」海賊のこと)」といってるから
おそらく最初に覚えたのは鹿児島弁だったんだろう>ザビエル

・・・ますます持って布教の障g(ry

968 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 16:18:09 ID:aMx16Zz1
>>967
しかしそんなザビエルに心酔しまくって、後に洗礼うけたとき
ザビエルの名前をつけてもらったフランシスコ宗麟

970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/29(木) 17:03:34 ID:yDtO5OXI
下ねたかは知らないが、アンジロウの独断と偏見による日本語での説教文を、
ローマ字表記して辻辻でザビエルに棒読みさせたらしい。

上手くいくはずは無い。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    日本語もバスク語も孤立した言語で、
    ヨーロッパで使われているゲルマン語グループ、ロマンス語グループ、スラブ語グループの
    どれにも属さないから欧米人目線でで「難しい」って言われてるだけだけどね。
    日本語は読み書きはともかく会話は簡単な方って話もあるし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1126-87b47ef3
この記事へのトラックバック