島津家大永の内訌

2018年04月22日 21:18

690 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/04/22(日) 03:52:33.20 ID:469vx5k8
大永7年(1527)、島津貴久は守護職を継いで鹿児島清水城にあり、養父で前守護職の島津勝久
伊作に移って隠居した。ところが島津実久が勝久と通じ、貴久の実父・忠良と勝久の離間を図った。

実久が伊集院城と谷山城を攻略して鹿児島へ向かうと、忠良は加治木・帖佐の地に勝久を移そうと船で
鹿児島に向かったが、戸柱まで来た時に不穏を見て取り、田布施へと帰った。実久は貴久に守護職の

返還を求めたが、貴久はこれを拒否して清水城を死守しようとした。しかし鹿児島に内応者がいるとの
風聞により、貴久は夜に城を抜け出して園田実明の宅に隠れ、実久の追手を逃れた。

のち勝久は実久に擁されて清水城に帰り、島津氏は勝久・実久派と忠良・貴久派に分かれて内訌に陥る。
享禄2年(1529)、島津忠朝は両派の和解のため、新納忠勝・禰寝清年・肝付兼演・本田董親・

樺山幸久・島津運久・島津秀久・阿多忠雄らと会して勝久に謁見し、事態の解決を図ったものの、勝久
の態度は要領を得ず、皆怒って帰ってしまった。

勝久は忠朝の跡を船で追って大隅に至ったが、むなしく帰ることになったという。

――『鹿児島市史』


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    島津宗家(奥州家)
    島津伊作家
    島津薩州家
    島津豊州家
    島津相州家
    伊集院氏
    北郷氏
    新納氏

    バトルロワイヤルや

  2. 人間七七四年 | URL | -

    当代薩摩大隅の猛者に囲まれてしどろもどろになる勝久

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    ???「今日は、皆さんにコロし合いをしてもらいます」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    衛府の七忍の人に漫画化して欲しいww

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    日新公「腹を割って話そう(物理)」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11266-8abcd95a
この記事へのトラックバック