枉げて勝頼の下知を了承し

2018年04月22日 21:19

782 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/04/22(日) 20:29:37.55 ID:ou08Zeez
 (1582年3月3日)新府城から郡内(小山田領)へ退避するために新府城にある物資や妻女たちを運ぶため、
夫馬300疋、人夫500人を新府城まで出すようにと国中に触れたが、
甲斐の地下人たちは山野に隠れてしまい、国中は織田方の侵攻と武田の敗戦を知り騒然としていた。
夫馬も人夫もなかなか姿を見せず、勝頼夫人の輿を担ぐ輿かきすら逃げうせてしまっていた。
家来たちが手分けして、夫馬一疋をようやく探し出し、これに草鞍を敷いて北条夫人を乗せた。
 勝頼は新府城を退去するにあたって、ここまで同行してきた信豊を呼び寄せた。
「信濃国を譲渡する。小諸城は要害堅固の城であるから、
ここを足場に舅である小幡上総介信真(小幡信貞)らを頼み、真田昌幸、内藤昌月らと協力して
上野、信濃の軍勢を集めて信長らが甲斐に侵攻してきたら後詰をして欲しい」と頼んだ

これに対し信豊は
 「信濃を譲られたことは誠に光栄であり、今生の思い出としたい。
だが譲られたとしても私に対し、上野、信濃の国衆が強力をしてくれなければ、
結局それは徒労に終わるほかない。ならば、どこまでも最後まで勝頼様と行動を共にしたい」
と勝頼が何度も頼んでもなかなか応じなかったが、勝頼もそれを承諾はしなかった。

勝頼は
「気持ちはありがたいが、一門が同じ場所に落ち行くならば、それは計略は無きに等しい。
枉げて勝頼の下知を了承し、後詰めの作戦を実行して欲しい」と頼んだ

ついには信豊が折れて佐久郡や上野衆をつけたうえで新府城を去り、勝頼と別れた
(甲乱記)

因みに勝沼で織田を防ぎ、信豊が織田軍を封鎖するというのは
天正壬午の時の北条に対して徳川がやったことと同じような作戦をやろうとしてたんではないかと

783 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/04/22(日) 20:42:14.11 ID:ou08Zeez
あと書き忘れたけど
武田信豊は軍鑑では密室政治だと批判の対象の1人である
だから彼の最後は見限って本領(小諸)に帰ったとしている。(※小諸は信豊の本領ではない)

一方で甲乱記の信豊は
信豊と勝頼とは幼年期から仲が良く、勝頼が家督を相続してからは、特に信豊を重用していたので
信豊の意思は勝頼の意思であると武田領内の人々はそう認識していた

信豊も最後は小諸城主下曾根浄喜に裏切られ自害するわけだけど
少なくとも甲乱記の勝頼との最後は№2として悪い話じゃないと思って>>782書いた



784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/04/23(月) 00:08:54.64 ID:PU1Wd8To
No.2としては親父の足元にもおよばないのな、信豊
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信長公記も信豊は逃亡とは書いてないな
    あと武田征伐後のことではあるけど、兵糧の欠乏にいよいよ織田軍は悩まされていて
    深志城の兵糧を徴収して分配したほか、徳川からも兵糧を受け、北条から兵糧も諏方に送っているとあるぐらいだからなあ

    どこかで少し粘れることができればこの征伐で滅びることはなかったなあ武田

  2. 人間七七四年 | URL | -

    武田信豊
    跡部勝資
    長坂長閑斎

    嫌われ三人衆

  3. 人間七七四年 | URL | -

    草鞍って、そのまんま枯れ草か何かを敷いた簡素な作りの鞍の事かな?
    満足な鞍一つを探せないほど混乱しているのは伝わってくるんだけど、お尻痛くなりそうだなぁ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    たぶん無理だと思う

    武田征伐用の兵糧は備蓄してあったが、進軍が急すぎて輸送が間に合ってなかっただけだしね
    使わなった分から7000俵ほど家康に褒賞として下賜されたりしてるし

  5. 人間七七四年 | URL | klcj.0UQ

    現代以前の兵站で一番困難なのがその陸路での輸送なんだから、粘ればワンチャン……
    ねーなw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    粘ろうにも兵がね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    仮に粘れたとして、そうなると本能寺の変の発生も疑わしくなるから半年寿命が延びるかどうかじゃないかね。
    或いは、織田本隊が信州で足止めされる代わりに北条か徳川が甲府に到達するだけ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    もし万が一にも何らかの理由で征伐途中で織田家が帰還しても徳川家も居るし北条・上杉も
    味方してくれないだろうし。ましてこれだけ負け越している家が今更復興出来るとも思えない。
    一門すら味方売る状況の時点で兵糧云々は関係がないでしょうね。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    高天神城の救援をしてたら延命出来たかも。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    勝頼は織田と講和したかったんだから救援は選べないな

  11. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    勝頼よりも周りが講和に期待を持っていて、援軍をだしたい勝頼を押し止めていたって話があるね
    で、そんな空気を読み取っている信長は講和を匂わせつつ先伸ばしし、家康には高天神城側の降伏もはねつけて殲滅
    結果、勝頼の評判は地に落ちて甲州征伐で武田は内から瓦解すると

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    そういう説もあるけど、高天神が本格的に囲まれたのは織田源三郎が帰還して
    半年以上経ってからなので交渉自体が明確に決裂してから攻撃してるようにしか見えないんだよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11268-a1779611
この記事へのトラックバック