少年のときは少年のように

2018年04月25日 15:39

693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/04/25(水) 00:02:36.86 ID:PxqwokfF
少年のときは少年のように


滝川一益の士に井口又兵衛という武功の者がいたが戦死してしまった。
その子供が十二、三歳になると、一益のお茶取りとして仕えるようになったが
十七、八ぐらいの小姓が無礼をして、井口が持っていたお茶をこぼさせた。

井口は相手に構わず懐紙でよく拭いてから下がったが
その後、次の間に件の小姓を呼び出して刀で突き刺した。
傍輩どもが騒いでこの事を一益に申すと、一益は涙を流し
「よくもまぁ父に似ない奴だ、何の役にも立たないだろうな」
と申されたので、近習の士どもが不審に思い
「井口の振る舞いは老士でも出来ない程のことです。
 どうしてそのようなことを仰せられるのですか」
と申すと、一益は
「だからこそだ。今年十二、十三で老士のような振る舞いをする者が
 年を取って何の役に立つだろうか。少年のときは少年のように
 後先考えず粗忽に働いてこそ、働きぶりがしっかりしているところと
 そうでないところが自然と分かってくるものなのだ。年の功を積んで
 不甲斐ない働きをしてきたことを悔やみ、よく働くようになる者もいれば
 粗忽で勢いだけの無分別な者が、老後に分別が出来るようになることもある。
 若いときと老いてから、そのときどきの拍子序破急があってこそなのだ。
 今から分別しすぎた振る舞いをする者は、年を取った後に隠居や法体
 世捨て人のような士になってしまうだろう。それは私の欲するところではない」
と言われたという。


――『筆のちり』


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    神童も二十歳過ぎればただの人


    みたいな話かな?

    しかし、一益さんの将来知ってる身からするとちょっとだけ微妙な心持ちになるお話だこと

  2. 人間七七四年 | URL | -

    滝川も滝川程度の働きだけしてりゃ良かったものを

  3. 人間七七四年 | URL | -

    血生臭い戦国時代に前田慶次という清涼剤を排出してるから役に立ってるよ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    臣:「老士でも出来ない程のことです」

    滝:「十二、十三で老士のような振る舞いをする者が――」

    臣:(いや、出来ねぇっていってんじゃん・・・)

  5. 人間七七四年 | URL | nLnvUwLc

    そうならないよう育成してやってください

  6. 人間七七四年 | URL | -

    市松「つねに少年のこころを忘れないのだ」
    まー「つねに少年のこころを忘れないのだ」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    変に若いころから物事に通じすぎてると
    そのうち出家でもしちゃうんじゃないかってのはわかるけど、

    栗山利安みたいに大成するかもしれないしなぁ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    一益程度の奴の言うことに含蓄なんて無いってこった

  9. 人間七七四年 | URL | -

    一益程度って
    秀吉だって賤ヶ岳の戦いで徹底抗戦した一益を買って小牧長久手の戦いじゃ一隊を任せているんだぞ
    一益は本能寺後の北条・秀吉・家康とどうしようもない相手ばかりに負けている。まあ3連敗で現役引退だから印象悪くなるのはしゃあないが秀吉は蟹江城合戦で負けた後でも引退しないように説得している
    少なくともココで一益を嘲っているやつより秀吉の目の方を信じるわな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    本能寺の変後
    北条に負ける→敵地やししゃーない。解る
    秀吉に負ける→大軍やしまぁしゃーない、よう粘った。解る
    信雄の配下山口重政に負ける→……
    信雄・家康連合軍に負ける→残当

    晩年の連敗劇は擁護の余地余り無い気がするなぁ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    後ろ楯のない上野から本領の伊勢へ至るまでに一益がどうやって生き延びてきたかが、一益という戦国武将を語る上で重要でしょ。
    重要な局面となる清洲会議に間に合わなかったわけだけど、旧主への忠節や自分の面子に囚われる事なく一個人の武将として戦い切った事は尊敬できるし、敗軍の将だとしても嘲笑うのは失礼だと思う。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    愚将でも凡将でも無いけど終わり悪けりゃ全て悪し
    の典型

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    今川義元「その通り」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    なんだよこの真剣10代イキり場みたいなコメント欄

  15. 人間七七四年 | URL | -

    一益に対する信長の扱いが、ほかの四天王辺りに比するとやや劣るのは事実だよね。
    だからその程度の人間なのも事実だろう。
    だからって、織田政権で関東委ねて安心できる人間だってのも揺らがない訳だが。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    なるほどね、ここの一部の人達の中では人生が10割としたら、その内7割近くが成功ないし順風満帆な
    人生を送った後に、残り3割程度失敗があれば「程度」扱いされるのかw
    ならその発言者は余程傷一つ無い素晴らしい人生を送っておられるのでしょうね?

    状況無視して結果だけ見てれば、どこの誰であっても即失敗者になりますねw

  17. 人間七七四年 | URL | -

    一益さんがイタコの手を借りて書込みしてんのかしら?偉く必死な様ですが

  18. 人間七七四年 | URL | -

    「程度」の閾が異常に高い人だっているだろうからそこはしょうがないね。そういう人はどうせ「勝家程度」「長秀程度」「利家程度」「成政程度」「光秀程度」とかも言ってるよきっと

  19. 人間七七四年 | URL | -

    比較対象が他の四天王になってんだから、そりゃ『程度の閥値』は最初から最大値とっとるやろ(呆)

  20. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    失敗やつは全員無能って言ってるのが三成関連のスレによくいるね。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    有名な戦国武将ならただの戦上手だろうと謀略家だろうとその言うことは最もなことだと思い込んでる人いるけど、能力と人品や含蓄教養は関係ないからなぁ
    一益だと申し訳ないが名言ってほどには感じない

  22. 人間七七四年 | URL | -

    誰かを貶めて自分を高く見せたいって人が、まさかこんな所にまで出てくるとは驚くよ
    しかも、相手は反論すら出来ない所か人生・人となりだってどこまで判明しているか
    分らない戦国武将って草生えるわw

  23. 人間七七四年 | URL | -

    自分より若い少年が、大人が考える様な仕返しをしてると聞いて感心しないのは、今でも通じる反応だよね。
    一益は信長にとっちゃ面白くないだろうけど、出来た人間だったんだろうなぁと思う。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    22
    こんな所で一々他人の考え方にレッテル貼って意見してるのが虚しい上に下らないと思うよ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    言うてノブヤボで滝川引き抜けたらガッツポーズするんやろ?
    戦場に出しても安心だし調略もできるし重宝やで

  26. 人間七七四年 | URL | -

    滝川一益とか石川数正とか、大成功型立志伝中の人でもなく、
    日本人好みの悲劇的ヒーローでもなく、
    なんかこうリアルな人生という印象がして興味深いけどなあ。

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ※24
    君はそれを言う相手を完全に間違ってるだろ?
    考えも何も元の発言者が歴史認識が幼稚なだけ

  28. 人間七七四年 | URL | -

    27
    君の書込みを見て相手間違っていないと確信したわ
    歴史認識も評価も100人100通りだろうに個人の主観を押し付けるのが下らないっての

  29. 人間七七四年 | URL | -

    *27
    思想統制主義者様ですか?

  30. まとめ管理人 | URL | -

    そろそろ落ち着きましょう

  31. 人間七七四年 | URL | -

    ※28※29
    変な絡み方をして相手にレッテル張りをして一番主観を押し付けてる奴が他人をどうこう言うとか

  32. 人間七七四年 | URL | -

    わしらみたいな無名の凡人が「滝川ごときが」なんて言えるのか己の顔をよっく鏡で見てから言うべきなんですよな。

  33. 人間七七四年 | URL | nLnvUwLc

    (^o^) ノ<ころしあえー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11274-ff7fec7a
この記事へのトラックバック