FC2ブログ

週間ブログ拍手ランキング【04/26~5/2】

2018年05月02日 10:40

04/26~5/2のブログ拍手ランキングです!


少年のときは少年のように 16

藤吉郎は才覚者である 12

木下藤吉郎、堂洞城攻めの功 11
日本の歴史を大きく変えた偽メール事件 9
小堀の三ヶ条の要求 9

信長と云う者だ。 8
【ネタ】このスレの民は、そのニュースを聞いて、ほぼ全員 7
中村作り取りの事 6
大身の方に嫁がせて物入りになれば 6
羽柴秀吉と柴田勝家の戦いは 5


今週の1位はこちら!少年のときは少年のようにです!
滝川一益による井口又兵衛息への批評。少年の頃は少年なりの粗忽さが必要、という発想、逆に言えば「変に大人びた子供は
気持ち悪い」という事で、そういう考え方は現在でもありますね。「子供は子供らしく」という奴で。
まあ当の子供からしたらそういう評価は困ってしまうと思うのですがwこういう『大人が望む子供像』と、子供自身の自己認識の
間のズレみたいなものが、この時代にも既にあったんだな、という見方をするのも面白いかもしれません。
まあやってることは殺人で、しかも謀殺なんですけどねw一益が末恐ろしさ、不気味さを感じてもしょうがないかなとも思います。

2位はこちら!藤吉郎は才覚者であるです!
この時代の秀吉の、命ぜられたことを、与えられた条件の中で不必要な摩擦を起こさずスムーズに成し遂げる才覚、というものを
感じさせてくれる逸話ですね。これは確かに出頭する人だなと思わせます。
実際にも若い頃の秀吉の出頭というのは、こういった物事を成し遂げる才覚が非常に高く、またそれを信長に非常に評価されて
いたのでしょう。だからこそ、20代で既に尾張在地の奉行となっていますし、信長の上洛戦の頃には既に、一手の部隊を
任される、「重臣」の一人になっています。
そんな秀吉の「実務能力」を表す逸話だな、と感じました。

今週管理人が気になった逸話はこちら!信長と云う者だ。です!
本文のレスにもありましたが、ここでは勝頼を批判していますが、実際には信玄に対しての批判なんでしょうね。
徳川の記録や逸話からも見えてくるところがありますが、信玄の釜炒り等の残忍な処刑方法は、当時の基準でも
非人道的である、と考えられていたフシがあります。
その上で、祖父物語成立の段階で、「武田家関連で印象の悪いことは勝頼のやったことにする」というような意識が
あったのだな、とも感じさせてくれますね。これは良い悪い、正しい正しくないではなく、武田家を滅亡させた勝頼という
存在に、世間一般がそういう印象を持っていた、という事を表しているとも思います。
この逸話の内容だけでなく、逸話の成立した当時のバックボーンを考えると、非常に様々に想像できる、そんな
逸話だなとも思いました。



今週もたくさんの拍手を、各逸話に頂きました。いつもありがとうございます!
また気に入った逸話が有りましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
(/・ω・)/
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    その家康も武田に内通した大賀(大岡)弥四郎を残虐な鋸引きの刑に処していますし、信長も自分を狙撃した杉谷善住坊を鋸引き、越前一向一揆討伐の際には釜茹の刑を行った記録も有りますね…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    今気づいた

    >今週管理人が気になったいとぁはこちら!
    >いとぁ

  3. まとめ管理人 | URL | -

    ※2
    ぐはっ!?

    なおしますー

  4. 人間七七四年 | URL | -

    なおしちゃったのかー
    かわいくて気に入ってたのに>いとぁ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    方言なのかと思ってたら単なる間違いだったのかw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11283-1590d01f
この記事へのトラックバック