汝が心を見んとして

2018年05月09日 19:51

880 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/09(水) 19:47:05.74 ID:wx5+9+Fx
太閤秀吉の父親(義父)は、尾張国ハザマ村の生まれで、竹阿弥といい織田信長の同朋衆であった。
秀吉は申の年の6月15日、清須水野のゴウ戸という所で生まれ、幼名を小竹といった。

ある時、清州城の大手口、松の木門の下を小竹が通った時、信長はこの門の二階に居て、その
節穴から小竹に小便をかけた。

小竹は「士ほどの者に小便をかけるか!?」と、これに激怒し二階門へと駆け上がった。
ところがこの時、信長は御供の衆が一人もなく、武器も脇差だけしか持たなかった。

駆け上がってきた小竹に信長は言った
「俺にてあるぞ!苦しかるまじ!」

「俺とは誰か!?」

「信長なり!」

しかし小竹怯まず
「いかに御主なりとて、小便をかけられたのは無念である!」と、信長に殴りかかろうと
した。その時信長

「汝が心を見んとしてした事だ、堪忍せよ。以後は取り立て、召し使ってやるぞ!」

それより信長の家来となり、木下藤吉と名乗った。

(祖父物語)



881 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/09(水) 21:43:11.60 ID:rA67Gfwb
>>880
山岡荘八の小説だと信長が利家になっていたな
小竹が秀長でなく秀吉の幼名なのは新鮮
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    御供の衆が一人もなく、というのはおかしい。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ???「英雄と呼ばれるお方は大小便の逸話に事欠かぬものですなぁ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    家康『俺も秀吉と一緒に小田原で放尿したわー。英雄だから。(記憶喪失)』

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ???「三 方 ヶ 原」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    小便大便論争になっとる

  6. 人間七七四年 | URL | -

    謙信「厠で踏ん張ってたら死んだ俺より笑えるからいいでしょ。」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    半兵衛「しっこうんこ言って喜ぶとか子供じゃないんだから」
    重門「倅に垂れ流せと命じた人がそれを言いますか」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    毛利元就(なんじゃ男の話か…)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    この話もバージョン違い多いよね

  10. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    これの、信長じゃないバリエーションが昔に投稿されてるね
    中国だか朝鮮だかの書物に収録されたやつだったかな?
    で、名将言行録にもあるとかなんとか

  11. 人間七七四年 | URL | -

    范雎「絶対許さねぇ、いつかぶっ殺してやる」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11293-ab897603
この記事へのトラックバック