FC2ブログ

家の宝を焼いたこと

2018年05月19日 10:30

915 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/18(金) 22:39:50.44 ID:xeERsPD+
天文21年のこと。水谷蟠龍斎(正村)の居城の台所に火事が起き、危うく焼け落ちる所を、
家中の者達走り来てどうにか消火をした。

この事より、火事への対策として、城の東の藪の中に五間の蔵を建て、そのうち二間は
番所とし、残りの三間の中に、先祖代々の功名の感状数通、そして所領加増の書付などを
はじめとして、家重代の諸道具、その他高値の諸道具などをここに籠め置いた。
そして家臣の根岸兵庫、河上勘解由の両人を頭として足軽20人を付け、昼夜番をさせた。
殊に火を用いること、固く禁止させた。

そうするうちに、かの番頭両人はこのように話し合った
「この番所は、人の通わぬ場所にある。であれば、実に良き博打打ち所ではないか!」
そして忍び忍びに相手を誘い、昼夜を分かたず博打を打った。

その時はみな博打に打ち疲れ、さらに酒に酔い寝てしまった。この隙に火鉢より火事が起きた。
かの者達は、「火事だ!火事だ!」と叫んで逃げた。
家中の者達かけつけ、蔵の中の物を取り出そうとしたが、10のうち1つも出すこと成らず、
殆どが焼失した。

その後、家老たちはこの番頭2名を探し出し、死罪にすべきであると水谷蟠龍斎に申し上げた。
しかし蟠龍斎はこう言った

「家の宝を焼いて損をした上に、大切な譜代の臣二人を殺すというのは、重ね重ねの
費えである。
前に台所の家事があった故、その予防のため随分念を入れたのに焼失したという事は、
もはやそういう運命の時節であったのだろう。全く彼らの咎ではない。
早々に召し返し、元のように仕えさせよ。

彼らは心こそ阿呆なのであろうが、臆病ではない。
万一の時、役に立つのは譜代である。
さあさあ、早く召し返せ。」

そう仰せ付けられたのである。

(水谷蟠龍記)

正直めちゃめちゃ甘いとは思いますが、確かにいいお殿様ですね。



916 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/18(金) 23:53:55.92 ID:yTxT8aCv
重要書類だの、非常用の高価な品々を焼失させて、許すって、心広すぎる。
しかし、これ、許してもらっても針の筵だろ。同僚からの冷たい目にどれだけ耐えられるか。

917 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/19(土) 00:15:53.43 ID:D+THEoGj
水谷さん名君だな。ちと甘いかもしれんが。

919 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/19(土) 08:44:45.92 ID:shzG6qdW
>>915
地方だから緩いのかと思ったら陸奥じゃあブラック893がいるし品格なんだろうな

927 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/19(土) 14:17:51.34 ID:lbvMQOtY
>>915
>その予防のため随分念を入れたのに焼失したという事は、
>もはやそういう運命の時節であったのだろう。全く彼らの咎ではない。
悟ってる…

939 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/21(月) 19:46:37.70 ID:DLAIiPg8
>>915
甘いというより徹底した合理主義な印象を受けた。
戦国の世では書状や感状より忠臣が何より価値ありという判断力よ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    藤堂高虎も博打打ちには寛容だったな。
    でも、処罰せずに不問に付すのは甘すぎるなぁ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    後にこの二人は蟠龍斎をかばい壮烈な討ち死にを遂げたのである…
    な話はないのかな

  3. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    武士ならば罰せられるのを待つのではなく自分で腹(ry

  4. 人間七七四年 | URL | -

    吉川元春「いちいち腹切るんじゃねーよ、意味わかんねーよ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    絶纓の会ですね。史記や春秋だとお腹いっぱいになるぐらいある話ですね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ルール破って博打する度胸が、いざというときの度胸になるかもという意味かな?

  7. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    そういうことではないと思うよ
    本文にあるように、いざというときに頼りになるのは宝物ではなくて譜代
    単純にそれだけじゃないかな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    見張りなのに火事起こしたあげく消火もせずに即逃亡を選んだ奴が
    どれくらい役に立つのかわからんけどな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >どれくらい役に立つのかわからんけどな
    まあ、立花さんちは切腹詐欺の武士を万夫不当の勇士にしてますし

    立花宗茂ちょっといい話 切腹(一命)立花家ヴァージョン
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6379.html

    あと、主君をかばい壮烈な討ち死ではないけど殉死した話ならこちら

    そこに島津義久がやってきた。「やっべ、逃げなきゃ!」
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-7875.html

  10. 人間七七四年 | URL | -

    米8
    ゲームみたく兵糧や兵士の輸送に使うとか…

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    淳于髠と同じ運命になりそう

  12. 人間七七四年 | URL | -

    消火もせずなんて言ってるけど火事って簡単に消火できるもんじゃないぞ

    消火器がある現代でも壁に燃え移った時点までしか初期消火はできんし
    天井に火が届いたら逃げてプロに任せるしかない (火事が発生してから4、5分で天井に届く)

    防火用水さえないこの時代だと消火活動=延焼防止の為に建物の破壊だが、これも道具がないと簡単にはできんし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11309-920ceedc
この記事へのトラックバック