瀬田橋乗打

2018年05月27日 16:40

森長可   
804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/27(日) 09:42:07.54 ID:Y4V4mLfi
織田信長が天下を掌握した頃、内裏修理のため伏見に滞在し、またこの普請のため
国々の大名残らず上洛した。ここで信長は、瀬田の橋に関を設け、家中実名を尋ねた上で
通過させるようにと命じた。

このような中、森勝蔵が家中の面々を引き連れ瀬田の橋へと指し懸った。
関守の侍たちが出てきて「上意であります。下馬をして家名実名を名乗り通って下さい。」
そう声をかけたが、勝蔵は

「それは許してもらおう。私は濃州住人森勝蔵と申す者である。御帳に書いておけ。」

そういい捨てて通ろうとした。関守の侍たちは驚いて馬の口にすがり
「そんな事で通せるものか!その上乗打など以ての外!」そう叫んで、鑓長刀などを
番所から出してきて色めき、絶対に通さない姿勢を示した。

勝蔵はこの様子を見ると
「なんと心得のない者達だ!乗打だと!?公方の御前ならばともかく、汝らごとき
侍分の為にこの勝蔵に下馬をしろと!?推参である!」
(元来心得ス者共也、乗打トハ何事ソヤ、公方之御前ニテアラハコソ汝等如キ侍之為す分ト
此勝蔵ニ下馬トヤ推参ナリ)

そういって太刀を抜き、2,3人の首を落とし諸鐙をかけて橋を走り通った、
関守の侍たちはこれを大勢で追いかけ、大津膳所の町口の木戸を早く閉じるよう
呼びかけた。町人たちは二ヶ所の木戸を閉じようとした。しかしこれを見た森勝蔵が

「ものども!火を懸けよ!」

と叫んだため、町人たちは驚き木戸を開いた。ここから勝蔵は急ぎ伏見の信長のもとへ向かい、
御前に罷り出でると瀬田のことを詳細に申し上げ、「切腹つかまつる覚悟」を伝えた。

これを聞いた信長は笑いだした
「昔五条の橋にて人を討ったのは武蔵坊だとか。汝も今より武蔵と名を改めよ。」
そう、非常に機嫌よく仰せに成った。
万座の人々は「実に忠ある武士の例かな。」と羨ましく思った。

勝蔵はその年の内に侍従の位に上り、森武蔵守長可と名乗った。

(兼山記)

鬼武蔵には自分の命令を違反されても自分が命じた関守を殺されても嬉しそうな信長公



805 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/27(日) 12:15:38.40 ID:hpLrEv3C
史実だと武蔵守を名乗るのは信長死後の話だけど
いかにも鬼武蔵らしい逸話だな

806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/27(日) 14:15:52.36 ID:YRLqfHWA
字が書けなかったからだろ
記帳させたらバレるもんな

807 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/05/27(日) 15:44:17.34 ID:XRtYoX8J
あの有名な妻宛の長可の遺言状は自筆だぞ
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵なら仕方ないな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    可成の子供は一癖も二癖もある子ばっかりで、調べてて楽しいな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵にしろ磔右近にしろ色々と血腥い逸話に満ちた人物なのに、
    統治者としては中々に優秀なのは面白い

  4. 人間七七四年 | URL | -

    2.3人ですんでよかったなw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ヒャッハーされなかっただけでも僥倖と言わざるをえない

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >>万座の人々は「実に忠ある武士の例かな。」と羨ましく思った。
    つまりこの人達はこんな事が起こしても許されちゃう身分羨ましい~って思ったのか・・・
    少なくても俺なら近くに居て欲しくないな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    一昔前のこのスレは鬼武蔵が一番盛り上がるネタだったよな 原点回帰ってやつやね
    つかこの話一応申し訳程度に切腹の覚悟はしてるのな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    覚悟の上で無茶したんじゃなかったらただの乱暴者だからね(それでも現代人視点だと厄介だけど)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    真面目に働いてる現場の人間にとっちゃ、目の前のキチガイにぶっ殺されるか後で職務怠慢を理由にぶっ殺されるかのどちらの危険性が低いかに賭けるしかない罰ゲーム

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    文字だけ見るとカイジ君の世界の帝愛グループだな・・・

  11. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    ※9
    ぶっころされたのが悪いだけで、逆に成敗した上に、上様の法度と知って狼藉を働いたためやむなく切り捨てました。なら信長も許してくれた、、わけないかなぁ。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11319-112dea72
この記事へのトラックバック