週間ブログ拍手ランキング【05/31~06/06】

2018年06月06日 17:10

05/31~06/06のブログ拍手ランキングです!


穂井田元清の虎狩りの話 16

白井百人衆謀討 10

氏郷初陣 9
岐阜四天王(ただし一人) 9
佐野天徳寺は先手を望むも 9

関白鶴ヶ岡参詣の事 8
佐野宗綱討死 7
上様日和という事 7

南部越後母衣串をぬかざりし事 6
必要なのは頭と肉と腸 5


今週の1位はこちら!穂井田元清の虎狩りの話です!
何故か虎を生け捕りにして戻ってしまった穂井田元清。秀吉に贈る肉や肝のためために殺すのも忍びなかった所も
あったのでしょうか。そういえば 虎と両加藤 こんなお話もありますし、当時は日本にも虎がそれなりに入ってきていたのかも
知れません
江戸期に成ると虎も詳細がよくわからず、長沢芦雪の「猫みたいな虎」なんかが描かれたりするわけですがw
rosestuooneko_2.jpg
そんな事もふと考えた逸話でした。

2位はこちら!白井百人衆謀討 です!
裏切りを利用した真田昌幸による白井百人衆の討滅。これを読んでいるとどうしても、そもそも林、吉野、井上が真田家を退転
した所から昌幸の謀略だろ!と思っちゃいますねw
個人的には、こう言った形で信州で勢力を拡大させていた時期が、謀略家としての真田昌幸の全盛期ではなかったかと
思います。真田系の軍記はいろいろと脚色しますが、その上でもにじみ出る悪どさ(褒めてます)を感じさせてくれますからw
戦国期でも騙し騙されの、一瞬も油断できない時期の空気を感じさせてくれる逸話だなと思いました。

今週管理人が気になった逸話はこちら!岐阜四天王(ただし一人)です!
四天王、他の3人が詳細不明、というなかなかカオスな内容w
しかしどうも、この「四天王」という呼び方、家によっては単純に数字の問題ではなく、家中の「格」を表すものでも
あったようで、「四天王並」とか「準四天王」であっても、大雑把に「四天王」とする、なんて考え方があったらしいの
ですね。これがまあ4人以上居る四天王にもつながったりするようなのですが、こういうのは「〇〇人衆」とか「ナントカ〇〇家」
などでもあり、数字が必ずしも数を表さなくなる、中世らしい現象ですねw
それにしても四天王で1人、というのは流石に無く、中世人でも4といえば「おおよそ3~5くらい」の感覚なので、
逆に特異例ですね。もしかすると「最期の生き残り」かもしれず、そうだとするとまた別のドラマになるな、なんてことも
思いました。



今週もたくさんの拍手を、各逸話に頂きました。いつもありがとうございます!
また気にいった逸話がありましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
(/・ω・)/
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    江戸時代には見世物として虎を輸入してたなんて話もありますよ>管理人さん
    今の動物園みたいにいつでも何処でも見られるものでも無かったとは思いますがね
    でも危険だから猛獣見世物禁止の触れなんて幕末に出てたりしたみたい

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    そう言えば幕末(1860(万延元)年に江戸に来た紀州藩士の人も両国に虎見に行ってますねえ。(但し虎じゃ無くて生後7ヶ月の豹ですが)
    オランダ船が載せて来て、将軍(家茂)も上覧した1,700両した奴だそうで、700文出すと鶏を檻に入れて豹が食べるところが見れたらしい。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    逆にそんな機会でもないと見られなかったとも言えるね
    しかしパンダが見たい現代人と行動が同じで草生えますよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば、島津家久(善久の方)の家久君上京日記で
    「唐船に乗見物仕候、なんはん(南蛮)より豊後殿へ進物とて虎の子四匹、
    それをめつらしく見帰候へは」と
    大友宗麟が子虎四頭輸入したことが書かれていますね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    南蛮船には色々生き物載せて来ますよねえ。洋犬も輸入されて大名達が争って買い求めて見栄はっていたですしね。それを捨ててその犬が民衆に危害与えるのが大問題になってますね。(かの生類憐みの令も中野の犬小屋設置もこの問題が深刻だったてのも有りますし。)
    しかし、この子虎て何処の虎何でしょうねえ?中国か東南アジア、インド辺りだと思いますが。中国の虎は開発で生息地が失われていって減ったて歴史ですね。(他地域もそうだか)
    森林が薪や開墾の為に切られて無くなっていって、残った所もそこも乱開発される(明代だと大地主が大部分占めてしまって貧農が残った山林地に入って開墾してトウモロコシとかで食っていた)て事になってますね。
    古には長江流域にも象や鰐(一字漢字が有る事も居た傍証らしい。因みに漢字が出来た地域に居なかったパンダは一字漢字有りません。)が居た事考えると気象変動や人間の開発による変化て大きいですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11334-477f5dae
この記事へのトラックバック