FC2ブログ

本能寺の変と近江情勢

2018年06月07日 11:05

974 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/06(水) 22:59:53.83 ID:+taDBLgq
本能寺の変のあと、明智光秀が近江国安土城を接収すると、同国の住人たちは我も我もと
光秀に降参し、その幕下に属さない者一人もなしという有様であった。
その中で、蒲生賢秀・氏郷父子は「故信長公からの御恩を何れの世にか報い奉るべきか、
ただ一合戦して腹を掻っ切り御供せずにはしかず。」と、居城である日野城に立てこもり
要害を普請し軍勢を集めた。その数1500余騎という。

これを知った光秀は、蒲生に使いを出し『今度光秀に同心すれば近江半国を与える』と
伝えたが、蒲生父子は全く同心しなかった。

近江の住人である多賀豊前守、布施忠兵衛たちも既に明智方となっていたが、
何れも蒲生と疎意の無い人々であったので、彼らからも「罷り向かって異見を申そう」と、
自ら日野を訪れ出し再三に渡り諫言を行った。

しかし賢秀・氏郷父子は彼らと対面すらせず、ただ『武士たらん者は恩を知って以て人であると
申す。御辺たちは降参を能きと思ってそように申されるのか。」と返答した。

嘲られた両人は口惜しく感じ、馳せ帰ると光秀に申し上げた
「蒲生親子は以ての外に奇怪なる者にて候。急ぎ御退治有るべし」
特に布施忠兵衛は進み出て
「現在日野城は未だ普請中であり、堀、櫓は生壁の状態ですので、破壊も容易いでしょう。
1日も早く攻め寄せられるべきです」と積極的に提言した。
これを聞いて光秀も、尤もであると考え、すぐに蒲生攻めの準備を始めようとした。

ところがここで、信長の三男である神戸信孝が大阪より引き返し、光秀の婿であった
織田信澄を討ったという情報が入り、光秀は近江のことを明智弥平次に任せて
自らは信孝に対処するため攻め上がった。

(氏鄕記)

本能寺の変の後の近江情勢の事など



975 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/07(木) 09:35:25.55 ID:PBC4CLeq
意外と、信孝の動きって重要だったということなのかな。
四国遠征軍は瓦解して、たいした働きはできなかったと言う話だが。

976 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/06/07(木) 11:06:11.75 ID:GbR2xIHX
味方になるかはわからないけど婿だし
これに対応しないと味方を見殺しにするってイメージを降った者に持たれて士気が下がる要因になるし最悪離反される恐れがあるからね
あと大溝城の接収にも関係してくる
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信孝がビビりまくって、軍勢を解散して所領に戻ってたら大変だったろうね。

    秀吉に2度も楯突いた男だから無いけど

  2. 人間七七四年 | URL | -

    軍勢を解散して戻るって無いから

  3. 人間七七四年 | URL | -

    安土城退去の際の逸話から臆病者評のある賢秀だけど賢明な判断&節義ある態度じゃないか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    本スレにもあるけど信孝の織田信澄殺害って当時じゃ常識的な処置だったのかな
    歴史小説じゃ信孝の狭量さを示すエピソードとして取り上げられがちだけど

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    当時の婿と舅の関係って結構強力な運命共同体だったのかもね
    そういう前提だと信澄の運命もわかるし細川の動向が光秀にとっていかに打撃だったかわかる

  6. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    いつぞやの宗像の家臣の話もそうだったけど、舅と婿は基本的に切っても切れない仲なんじゃないのかな

    まあ、一族内となると東を乗っ取った遠藤のような関係もあるけど

  7. 人間七七四年 | URL | -

    この大坂城攻めの辺りって資料が少ないみたいで本当に研究進んでないよね?
    津田信澄が本当に織田家を裏切ってたとしたら、信孝軍団の背後を脅かす動きが出来ている様に見えない。
    かと言って無実で攻められたのなら、本当に奇襲で弁明もできなかったんだろうね。
    信孝・長秀も妻が明智家と言うだけでなく、やっぱり父:信勝が信長に謀反した過去とシンクロしたのかも?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    直家とその舅について

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/11336-c7530b93
この記事へのトラックバック